超高齢者へのCVポート造設について

こんにちは、色んな疾患や状態の患者さん診察している札幌の在宅医@今井です。

突然ですが皆さんは自分が超高齢者(90歳以上)となった時に食事がとれなくなった時にどのような医療を希望されますか?胃瘻やCVポートをつくるという選択肢はありでしょうか?なしでしょうか?

 

先日とある病院から紹介された患者さんですが、90代前半でがんの患者さんでした。進行性に体力落ちてきたので末梢からの点滴管理をされていたようです。ただもうルートがきびしくなってきたので今回CVポートつくったので大丈夫!あとの療養は在宅でお願いします、という依頼でした。

診療自体は喜んで診察させて頂きますが、やっぱり気になったのが90代の方で進行性の病気で余命が限られている状態の患者さんになんでCVポートつくったの???という素朴な疑問でした。確かに末梢からの点滴厳しくなったらどうするか迷うと思いますが、在宅復帰を考えているなら先に在宅チームに相談してくれれば皮下輸液やらなんやらで相談はできたのに・・・・との考えが頭をよぎります。これで麻薬の持続注射が必要とかならまだわからないでもないですが・・・・

 

自分は何が何でも高齢者のCVポート=悪、と考えることはありません。実際当院でも100歳近いおばあちゃんがCVポートからの点滴管理はされてはいますが楽しく家族と過ごされている方もいらっしゃいます。ハッピーなCVポートもあることもあるのです。

ただ進行性の疾患でかつ水分投与のためだけのCVポートであれば全く必要ないのではないかと考えています。自分がこの患者さんななら絶対嫌だと思いますね・・・・

 

 

皆さんは自分が高齢となった時、もしくは親や血縁者が高齢となった時にどのような医療を受けたいか考えていますか?また決断を下すときにきちんと医療者に意見を伝えられますか?

超高齢者へのCVポート、医師や医療者からつくるかどうか相談されたときはきちんとその意味を考えてから返答してくださいね

 

 

現在医師募集中→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加