在宅緩和ケアを受けるためのハードルは高く、長く険しい道~頑張って戦いましょう!!

こんにちは、在宅で看取りをしている医師@今井です。

1月は昨年より看取りの患者さん数がやや少ない経過でした。理由はやはり帰宅、というか在宅復帰できない患者さんが結構いらっしゃったからです。個人的には残念なことこの上ないですが、でも嘆いていても仕方ありません。できることは情報を発信していくこと・・・・この問題は在宅医側からやっぱり積極的に患者さんや家族に情報発信をしていかないといけないかと思います。今回はそんな訳で患者さんと家族に向けて書いていきます。

在宅での緩和ケアを希望する患者さん及びご家族へのアドバイス

在宅での緩和ケアってなんなの?自宅に帰るのは無理でしょ?こんな言葉を何度も聞くかも知れません。諦めずに戦ってください。残念ながら在宅緩和ケアを受けるための道はハードルが高く、長く険しい道があるのが現状です。病院ではすぐに在宅緩和ケアを提案してくれないのです。

ホスピス>>>在宅緩和ケア  となっています。

皆さんが在宅緩和ケアを受けるためにどんなハードルを乗り越えるのか?何と戦うのか?答えは以下に書いてあります・・・・・

 

「緩和ケアの病院を紹介しますね」という医師の言葉と・・・

→その道にいくと在宅緩和ケアは紹介されずに直ぐ入院となります

「退院後は病院の外来に通ってくださいね」というささやきと・・・

→体調変化あればすぐに入院の選択肢となってしまう

「きちんと準備して状況が整ってから帰りましょう」という看護師の言葉と・・・

→帰りたい時が帰る時、先延ばししていいことはあまりありません

「帰るのは中心静脈カテーテルがないと帰れません」という提案と・・・

→なくても問題なく帰れます。

「帰ってもいいですが食事はとれませんよ」というつらい言葉と・・・

→食べ方は色々あり!在宅ではどうするのがいいのか相談はできますよ

「介護が大変ですよ、奥さんだけでは無理ですから」という心配の言葉と・・・

→介護は看護師さんやヘルパーさんに任せてもいいんです。やり方は色々相談できます

「独居だから無理ですよね」という絶望的な言葉と・・・

→独居でも在宅で最期まで過ごす方もいますよ!

 

費用の問題、介護の問題、医療の問題

色々あるかも知れませんが在宅医療のチームは解決するために一緒に考え行動する事は可能です。帰れない患者さんはいません。

まずは病院で、外来で、上記のような言葉と戦って在宅緩和を希望と揺るがない意思を表示してください。そうでなければ現状のシステムではなかなか在宅緩和を受けるのが難しいのが現状です。

病気でつらい体調かも知れませんが自分の受けたい医療はなんなのか、どこで最期を過ごしたいのかをじっくりと考えて決断してください。

在宅側はいつでもあなたたちを受け入れる準備はしていますので・・・・

 

ということで在宅医からのメッセージでした。ご参考になればと思います。ちなみに悩んでいる方いましたらまずは当院のような在宅療養支援診療所に気軽に相談してみるのが一番いいでしょう。札幌の患者さんであれば遠慮なく当院に相談、コンタクトとってください。地域外でも相談にはいくらでも乗りますので・・



このエントリーをはてなブックマークに追加


未来の在宅医に求められる7つの能力~コミュニティ・マネージャーとして

こんにちは、宮の森在住の在宅医@今井です。

今回の診療報酬改定で在宅の臨床現場における医師と看護師の役割を国がどう考えているのか大体見えてきました。

①医療処置も含めおおまかな治療は訪問看護師にやってもらう

②医師は包括的な治療方針を決定し看護師へ指示する。また病状変化時の対応や治療方針の変更の際の説明などを主に行う。定期モニタリングはケアマネのように月1回、あとはオンラインが基本となり複数回見に行くのは末期の患者や神経難病の患者に限定される

大体このような役割になるのではないかと考えています。え?看護師がそこまでやるなんて信じられないですって?

これまでの常識を捨ててください

もうそういう方向に国は明確に舵を切っています。自分はそう遠くない未来にこうなると予想しています。

 

ただ在宅医の役割はそれだけではなくて、新たな仕事が付加されるのではないでしょうか?地域の医療・介護の最適化に向けての仕事、すなわちコミュニティマネージャーとしての仕事が求められてくるのではないかと思います。(在宅医を広義の意味でとらえてください)

 

では将来の在宅医にはどのような資質、能力が求められるでしょうか?おそらくは以下のような項目だと思います。

①地域の医療資源・介護資源の現状を分析し把握する能力

②足りない資源があればそれを補う方法や事業を考え、さらに実行する能力

③周りの人を巻き込んで動かしていく実行力

④ボランティアを組織する能力

⑤地域に必要な情報を発信する能力

⑥医療・介護保険の隙間にある人を援助する能力

⑦行政と交渉していく能力

 

地域の中で求められる在宅医の役割はどうなるでしょうか?皆さんはどう予想し、そして何を準備していきますか?是非教えてください。



このエントリーをはてなブックマークに追加


在宅医療で治療が不可能では、と思う程一番介入が大変な患者さんはこの病気の方!!

こんにちは、札幌の訪問診療医@今井です。

突然ですが皆さん在宅医療で治療が不可能ではと思う程一番介入が大変な患者さんって誰だと思いますか?がんの患者さんでしょうか?認知症の患者さんでしょうか?神経難病の患者さんでしょうか?はたまた褥瘡の患者さんでしょうか?いえいえ・・・・この患者さんです

そうです、アルコール依存症の患者さんです

個人的にはこの病気の患者さんの在宅医療が一番大変だなと考えていますし、実際の診療もほぼ間違いなく全員色んな問題があって大変です。60代の男性で、退職されてすることがない状態・・・朝からちょびちょび飲み始めて最初は少量だったけれど気がついたら朝から多量飲酒・・・・そんな患者さん皆さんの周りにいませんか?

さてアルコール依存の患者さんの在宅医療が大変な理由ってなんなの?と思う方のために具体的に自分が大変だったことを以下に書きだしてみます。

訪問するも部屋が排泄物で汚れて入るのも大変、診療するのも一苦労

・というか診療自体を拒否

・診療も諸々問題あるため余裕で2時間はすぐに過ぎる

・2号保険者の年齢でケアマネさんがついていない場合ケアの主体が家族と訪問看護師さん(医療で週3)のみとなりヘルパーさんが使えない

・ケアマネさんがついている状態でも本人がサービスを拒否し調整が難航

・金銭的な問題

・入院加療は基本的には難しい、させたとしてもすぐに帰る。保護入院は連れて行くハードルが高い

・家庭が崩壊していくので最期はキーパーソンが不在に

・一時的に断酒しても結局元にもどってしまう

・結局最後は救急搬送→在宅医は何していたんだ!となる

などなど・・・・・

在宅医や訪問看護師、ケアマネやMSWなど、アルコール依存の方の在宅療養の支援と治療のために本当にものすごい労力が使われますが、最後は短命で終わってしまう方が本当に多いんですよね・・・・苦労した割には報われないというか・・・

 

皆さんの周りではアルコール依存傾向の方いませんか?いたら大事になる前に是非強く止めてあげてください、もしくは治療に外来に行かせるようにしてくださいね、本人にとってもつらくなるのはもちろんですが、家族の方も必ず疲弊しますし、介護職や医療職もまず間違いなく同じように消耗してしまいますので・・・・(でもどうしても困っている患者さんいましたらご連絡くださいね)



このエントリーをはてなブックマークに追加