病院医療者に知っておいてほしい在宅医療のちょっとした10の常識

こんにちは、在宅医療に従事して7年目の医師@今井です。

在宅や在宅医療に近い立場での外来診療していると病院医療者の方にこんなこと知っておいてほしいなぁと思うことがちょびちょびあります。

10個程簡単に書き出してみましたので参考にしてみてください。知らないことがあれば是非覚えておいてくださいね、きっと実践でも使えるはずです。

病院医療者に知っておいてほしいこと

1独居でも本人が希望すれば最後まで自宅で過ごせます、なので施設にすぐにいれるようにしないで下さい

2訪問看護は介護保険が優先の原則があるけれど医療保険でも入れます

3ちなみに介護保険もっていなくても利用は可能です

4そんな訪問看護ですがステーションからの訪問では週末や夜間よぶと自費で何千円かかかりますのでご注意ください

5介護保険には40歳から65歳までの間の人でも使用できる2号被保険者が存在しますのでお忘れなく

6点滴はポートやルートがなくても皮下でできます。抗生剤も皮下でやることもあります

7どの医療を入れるかはかかる費用も絶対検討します。お金の心配のない家族は非常に少ないと思ってください、特に若年者は・・・

8身体障害手帳は医療費の助成のためにも該当するかどうかは結構重要です

9一言で在宅といいますが個人住宅は施設では全く状況が違いますのでご理解を!

10在宅医が最も重要と考えるかもしれませんが多くは訪問看護で対応可能です。うまく訪問看護を利用してみてください

 

他にもあるかも知れませんがぱっと思いつくのはこんな感じでしょうか。皆さんは他に何かご意見ありますか?よければ教えてくださいね!

 

現在医師募集中→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


改めてサ高住はどうあるべきかきちんと議論すべきではないでしょうか?

こんにちは、土日も休みなく外来診療している診療所の医師@今井です。

週末、特に日曜の外来は本当に色んな病院に受診している患者さんが体調不良で受診されます。まあ日曜開いているクリニックがあまりないので、対応できる限りの診療しています。頭部裂傷での縫合や虫垂炎、インフルや癌の緩和ケア、認知症診療や狭心症などなど・・・・そんな中で機になる患者さんが数名いました。

サ高住に住んでいる患者さんです。

家族の方や施設の方がつれてくるのですが、大抵病状経過についてだれも把握しておらず食事量や排便状況なども不明、飲んでいる薬の情報もあまりなし・・・・もちろん介護者に聞いても「連れてきただけでよくわかりません」とのこと・・・

介護保険の利用状況を聞くとそういう患者さんに限って「サ高住で行っているショウタキ利用しています」ってよくいうんです。

外来で20分から40分くらい情報まとめて対応方法相談し家族へ説明、クスリだしたり点滴して治療しますが大体それだけ丁寧にやっても医師への報酬は500点~800点くらい・・・一方管理もあまりしていないサ高住のショウタキは月に○万点もらっています。大体このようなショウタキってヘルパーさんが1日1~2回くらい自室訪問して通所と称して1階の広間に患者さん連れて行くだけなんですよね。

サ高住をとりまく介護の状況、介護保険の制度は歪だと思います。目的が良い介護を提供する、のではなくいかに利益を出すのかとなっている施設のなんと多いことか・・・・皆さんの周りではどうでしょうか?

これって本当にいいんでしょうか?改めて今サ高住はどうあるべきかきちんと議論すべきではないでしょうか?札幌だけの問題ではないような気がしますが・・・皆さんはどう考えますか?ご意見あれば教えてください。

 

現在医師募集中→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 


患者も色々、自宅も色々、看護師や在宅医、ケアマネも色々・・・・

こんにちは、大抵のことではびっくりしなくなった往診医@今井です。

訪問診療をしていると患者さんって本当に色んな環境で暮らしているんだなぁと思う事、よくあります。その中でも犬屋敷や猫屋敷、ごみ屋敷なども経験してきました。(こんな時に思うのは動物アレルギーなくて本当によかったなと・・)

そんな住環境で済んでいる患者さんに必要なのは医者というよりもむしろ看護師、さらにもっといえば看護師よりも熱心なケアマネさんやヘルパーさんの方ですね。何度介入に失敗しても繰り返し繰り返し説明して少しずつ理解していってもらう、本当にこちらがびっくりするくらい何日も連日で訪問し対応してくれる地域の方をみていると、やっぱりコミュニティで生きていくためにの土台をつくってくれるのは生活をケアをする方なんだなと改めて実感します。

 

ただ逆を言えばケアマネさんが動いてくれないと全く状況が改善しません。

今診療している患者さんでもリアルにこんな状況の方2人程います。一人は1年程の介入ですが全くケアマネさん動く気配なし・・・・もう一人も同じくらいの経過でようやく家族の説得に訪問看護師さんが成功しましたが<今は忙しいのでレセプト終わったら対応しますね>と・・・・

ちなみにその二人の患者さんちこれに近いです↓

うーん、患者さんも色々、看護師や医師も色々、ケアマネさんも本当に色々いますね・・・

 

現在医師募集中→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加