代替医療の10分の1でもいいので緩和ケアのためにもっとお金を使いませんか?~在宅医からの提案

こんにちは、札幌の在宅緩和ケア医@今井です。

安楽に生活するために、家族の幸せのために、在宅での緩和ケアを受ける時は少しだけ余分にお金を使ってほしいと思いますが皆さんはどうですか?



癌終末期の患者さん、ALSなどの難病の患者さんなどはそれぞれ標準的な治療については医師に相談しています。それ以外にもネットで情報を探し、場合によっては自分自身で模索される中で色んな代替医療を試されている方いらっしゃるのではないでしょうか?

自分もこれまで円山ワクチンやゲルソン療法、気功や食事療法、フコイダン(びっくりしたのはフコイダン、○○大学病院の病棟に売りに来た業者から買ってそれ以降届けてもらっているって言ってた患者さんが数名いたことですね)など色んな代替医療を行っている患者さんをみてきました。

最後まで治療をあきらめない患者さん、ある程度まで行ったら断念した患者さんなど様々ですが多くの代替医療を行っていた患者さんは最期になると「医療や介護に使うお金はあんまりない」っておっしゃいます。



その都度

代替医療に使った費用の10分の1でもいいから在宅での緩和ケアや家族の方が休むためにでも使ってくれないかな?

と思ってしまいます。

費用のために訪問看護を導入しない、ケア用品の購入を渋る、食費を削る、家族が休むための自費のヘルパーさんや看護師さんの使用もしない、などなど・・・・

ちょっとのお金を惜しまなければもっといい生活や家族との楽しい時間を過ごせるのに、もったいないな・・・・って感じます。

 

たくさんは必要ありません。普通に必要な医療費と介護の費用と、あとは少しだけ余白を埋められるお金を惜しまず使ってみてください。

きっといい時間を過ごせるはずです。

 

どうでしょうか?皆さんはどう考えますか?ご意見是非聞かせてください

 

このエントリーをはてなブックマークに追加