患者も色々、自宅も色々、看護師や在宅医、ケアマネも色々・・・・

こんにちは、大抵のことではびっくりしなくなった往診医@今井です。

訪問診療をしていると患者さんって本当に色んな環境で暮らしているんだなぁと思う事、よくあります。その中でも犬屋敷や猫屋敷、ごみ屋敷なども経験してきました。(こんな時に思うのは動物アレルギーなくて本当によかったなと・・)

そんな住環境で済んでいる患者さんに必要なのは医者というよりもむしろ看護師、さらにもっといえば看護師よりも熱心なケアマネさんやヘルパーさんの方ですね。何度介入に失敗しても繰り返し繰り返し説明して少しずつ理解していってもらう、本当にこちらがびっくりするくらい何日も連日で訪問し対応してくれる地域の方をみていると、やっぱりコミュニティで生きていくためにの土台をつくってくれるのは生活をケアをする方なんだなと改めて実感します。

 

ただ逆を言えばケアマネさんが動いてくれないと全く状況が改善しません。

今診療している患者さんでもリアルにこんな状況の方2人程います。一人は1年程の介入ですが全くケアマネさん動く気配なし・・・・もう一人も同じくらいの経過でようやく家族の説得に訪問看護師さんが成功しましたが<今は忙しいのでレセプト終わったら対応しますね>と・・・・

ちなみにその二人の患者さんちこれに近いです↓

うーん、患者さんも色々、看護師や医師も色々、ケアマネさんも本当に色々いますね・・・

 

現在医師募集中→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加