保険で認められていない在宅緩和ケアの薬のリスト~病院から在宅につなぐときに参考にしてください

こんにちは、札幌の緩和ケア医@今井です。

これまで多くの患者さんの緩和ケアを在宅で行い看取りをしてきましたが、病院では使用できていた薬が在宅では保険適応外となることがあります。というかありました。

国は在宅緩和ケアを推進したいなら保険適応も見直せ!!

と強く言いたいですが現実は厳しいです。病院の先生、もしみていたら以下の薬をできれば他の薬に調整して在宅につなぐことも考えてください。在宅医は患者さん第一で継続して使用していますが保険では切られて泣いています。

以下自分がこれまで保険診療上在宅では使用不可とされた薬列挙しますので是非ご参考にしてください。

ケタラール

オリベス

ロピオン

アセリオ

セニラン

ドルミカム

アレビアチン

イーケプラ

ザンタック(他薬剤との併用不可)

オメプラール(他薬剤との併用不可)

 

1週間くらいではまあ許容範囲ですが1か月分保険が認められないと報酬の1/4がこれらの薬剤のためにとられることもあります・・・・

できれば病棟の薬をそのまま在宅緩和ケアの分野でも使用できるようにしてほしい!!ダメなら病棟の緩和ケアの先生この現実は理解してくださいね!これは札幌だけの問題ではないような気がしますが皆さんの地域ではどうですか?対策や現状などよければ是非教えてください・

 



このエントリーをはてなブックマークに追加