医療依存度が高くなるとサ高住に住めない?転居を迫られる患者さん・・・

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

サ高住での医療ですが、当院は原則新規の施設はあまり受けていません。居宅の診療を充実させていきたいのと、サ高住は住宅特有の問題があって生活、介護上の問題でのトラブルに巻き込まれることも多いからです。(ちなみに居宅メインなのは診療報酬上の問題ではなく、開設当時の施設系の訪問診療の点数が高い時からあまり入らないようにしていましたよ)

生活、介護上の問題、とはなにか?よく最近経験するのが患者さんが何かのきっかけで入院→退院時にそれまでとは違う医療処置が必要になった時、もしくは在宅で体調変化時に医療面としては点滴すればよくなる可能性が高い時、などに住宅側から「この状態ではここでは生活できません」と言われることが非常に多い点ですね。

当院としては通常の在宅医療で対応できる状態でも、入居施設の協力がないと厳しいです。その旨を家族に伝えると、「この住宅では在宅医療が受けられると聞いていたのに・・・」とかってなったりします。

いやいやそれは住宅側の問題ですよね?っていうか入居時に説明きいてなかったんですか?とお聞きすると、あまり詳しくそこまでは聞いていなかった、とのこと・・・

 

ということで皆さん親御さんのサ高住を選択する時にどこまでその場で医療を受けられるのか、クリニックの選定もあるでしょうが、そもそもその住宅がどの程度の介護度の方までみてもらえるのかはきちんと確認しておいた方がいいですよ。介護度が上がった段階でまた1から環境調整して新たな場所に住むの、それまでの生活との断絶を意味していますから(場合によっては転居→それまでのケアマネや医師、看護師が対応できなくなることもありますし)

 

住宅選びの時は慎重にお願いしますね!

 

2020年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!