千葉ではコロナ自宅療養者に往診が開始・・札幌市の体制はどうなる??

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

千葉ではコロナ感染で自宅療養を行っている患者さんへの往診体制を独自に整えることを開始したようですね。NHKより

自宅療養中のコロナ患者往診で医療機関に補助金 千葉県

「新型コロナウイルスに感染して自宅療養中に死亡するケースが問題となる中、千葉県は自宅で療養している患者の往診などを行った医療機関に対し補助金を支払う独自の取り組みを15日から始めました。

千葉県の森田知事が15日会見であきらかにしたものです。

それによりますと、県内では14日時点で自宅療養中や、入院やホテルでの療養を調整している人が1688人いますが、これまでに自宅療養中に病状が急変して3人が死亡したことが確認され、自宅で療養する人をケアしていく体制が課題になっています。

このため千葉県は自宅療養中の人が症状が悪化した際に、保健所からの依頼に応じて往診または外来診療を行った医療機関に対して、1回あたり平日は5万円、夜間と休日は10万円の補助金を支払う独自の取り組みを15日から始めました。

森田知事は「医療機関の理解が欠かせず、円滑な診察につながるようなんとか協力をお願いしたい」と述べて、ふだん新型コロナ患者を受け入れていない医療機関にも協力を求めたいとしています。

また、森田知事は緊急事態宣言の解除について「1都3県をみるとまだまだ解除という状況には至らず、気を引き締めなくてはならない」と述べました。

その一方で、森田知事は新規の感染者数が100人以下になり医療体制に余裕が出る状態が一定期間続いた場合は、解除の要請について検討したいという認識を示しました。」

 

 

最近のコロナ感染の勢いは、個人的な感覚としてはある程度落ち着きつつあるのかなと思いますが、それでもいつまた感染が爆発して流行するのかはわかりませんよね。

札幌市の病床も今は一時期に比べれば余裕が出てきていると思いますが、それでも今後のことを考えると自宅療養者への在宅医療の活用は早急に案として考えておくべきかと思います。

報酬の多寡はさておいて、こういう問題こそ行政から相談がある前に医師会や在宅医療協議会で早めに議論しておくことが本来の役目ではないかと思いますがどうでしょうかね・・・・

 

皆さんはどう考えますか?

 

2020年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!