メドレー代表が辞任・・・プライベートの問題を社会問題化すべき?

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

医療業界ではオンライン診療でとにもかくにも有名なメドレーですが、その代表の方の私的な部分に関するニュースが出ていましたね。ヤフーニュースさんから↓

メドレー、豊田剛一郎氏が代表を辞任–文春報道を受け、「信頼回復に努めたい」

医療ヘルスケア関連サービスを展開するメドレーは2月3日、同日開催した取締役会において、代表取締役の豊田剛一郎氏を取締役に異動を決議したと発表した。  豊田氏は同日、文春オンラインにて不適切な行動が報じられていた。メドレーは、「代表取締役(医師)である豊田氏から、株主や顧客、従業員や家族、パートナー企業、社会からの信頼を著しく損なう行動に対して、代表を辞任した上で信頼回復に努めたいという旨の申し出を受け、本日開催の取締役会にて、これを受理した」と説明している。  なお、豊田氏は今後も常勤の取締役として職務に努めるが、2021年12月期に発生する役員報酬を返上し、無報酬で勤務するとともに、現時点で本人が保有している税制適格ストックオプション(新株予約権)の未行使分(32万株分、発行済株式総数比率1.03%)についてこれを放棄する旨の申し入れを受けているという。

 

 

まぁたしかに株式会社の代表であれば、自分の事業がようやくここまで大きくなってきて、さらにこれから数年が勝負所!ってところでしょうから、このような問題がオープンにされる→事業のことを考えたら代表取締役辞任しか選択肢がないでしょう・・それも仕方ないかも知れませんが、(というか彼は事業を守るためだけにそれをしたんでしょう)それでもちょっと過剰反応かなと思ってしまいます。

その行為を正当化や擁護するつもりは自分はないですが、プライベートの領域において120%常に正しい選択をしている人って逆に少なくないですか?それにこのような反応が常にあり社会的制裁を受ける社会って息苦しくて生きづらくないですか?

少なくとも自分は社会的、公的な活動においての批判などはオープンでいいのかなと思いますが、個人の問題やプライベートの関わりに関してはこのような社会問題化するのは許容すべきではないと思います。単純に息苦しい社会になるのが嫌ですね。

もっと自由に個々人は生きていいのではないでしょうか?彼個人の行為の責任は彼個人がとるでしょうから、あまりプライベートな問題を社会問題化しない、それが社会と個人の適切な距離の取り方なのではないでしょうか?皆さんは個人と社会の関わりに関して、どう考えますか?

 

2020年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!