不採算でも土日の診療は継続します~医療機関があるべき理由~

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

コロナウイルスの影響でかなり患者さんが軽症の場合は自宅待機を徹底してくれています。本当に皆さんには感謝しかないのですが、そのおかげか経営的にはやっぱりかなり厳しい部分も出てきています。

特に土日や祝日の診療に関しては皆さん本当に困った人(帯状疱疹や脳神経外科領域、肺炎など)以外あんまり受診されないので正直かなり不採算な外来診療となっています。個人的にはこの傾向はおそらく半年~1年程度続くと思っているので、これが株式会社や営利企業であればおそらく土日の外来は損切対象の事業となるのでしょう。

ただ自分たちはクリニックで医療機関・・・たとえ2人でも3人でも土日に当院が診療することで助けることができる患者さんがいるのであれば、やはり行う意義はあるのかなと考えています。

そもそも医療機関の目的は「お金を稼ぐこと」ではなくて「地域に良質な医療を提供すること」なので例え少しくらい不採算でも地域に貢献できているのであれば、運営理念に沿った診療ができているので仕方ないのですよね。これが医療や介護の運営事業所が株式会社や営利企業であれば、不採算部門がでてしばらくそれが続くのであれば当然撤退となるでしょう。それは運営目的が「利益」だからです・・・

 

まぁ頑張れる間は頑張って地域に少しでもいい医療を提供できるようにしていきたいと思っています。6月以降緊急事態宣言が解除されたらどうなるんでしょうかね?

 

2019年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始します→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

在宅医療の現場で働きたい、患者さんに関ってみたいと考えている方募集しています。資格は問いません。→こちらをどうぞ!