医師のアルバイト事情の変化~劇的に求人が少なくなっていますね・・・

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

コロナ禍で各医療機関の経営状況は火の車・・・・当院も外来診療に限って言えば3月4月は3割減、5月4,5割減くらいの勢いです。(といっても当院は在宅医療がメインなので何とかなっていますが)

そんな中で医療機関を存続させるために必要な処置は固定費の見直しですね。医療機関の固定費と言えば人件費、人件費と言えば医師か看護師さんがほとんどですね。ということで、現在各医療機関はおそらく今まで来てもらっているアルバイトの医師は大事にすると思いますが、新規に雇用することはしばらくの間ない、という方針に切り替えているのが実際です。

 

ということで、どの程度その影響が波及しているのか、とある医師のサイトで札幌の非常勤医師の求人募集みてみましたが、以下の如く非常勤の募集は札幌は5件のみ・・・さらにそのうち3件は同じ施設の求人ですので実質3件しか募集がない状態でした。

今まで非常勤の募集をたまにみて定点観測していましたが、こんなに件数が少ないことはこの10年くらい見たことないですね。今日みてびっくりしましたよ。

 

おそらく病院経営が立て直されるまで最低でも1年、長ければ3年程度はシビアな状況が継続すると思われるので、お医者さんの働き方も今後今回のコロナの影響を大きく受けていくことになるでしょう。しばらくの間は医療機関の合言葉は”まずは倒産しないこと”が第一になってくると思います。

札幌の医師のアルバイト事情が医療提供体制にどう影響していくのか、しばらく色々なところを定点観測しながら考えていきたいと思っています。

 

2019年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始します→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

在宅医療の現場で働きたい、患者さんに関ってみたいと考えている方募集しています。資格は問いません。→こちらをどうぞ!