GWだから訪問看護はできません??それならがん患者さんの訪問看護を受けないで!

こんにちは、札幌の在宅医&在宅緩和ケア医@今井です。

 

当院は訪問看護に関しては法人内の訪問看護ステーションを優先する、ということはあんまり強くは意識していなくて、ケアマネさんのお勧めであったり病院さんが調整してくれた訪問看護に関しては基本的には一緒に在宅医療を提供することとしています。

さてそんな感じで診療していますが、がん終末期の患者さんで一緒に組むことになった、開設がつい最近の訪問看護ステーションさん、先月から看ている患者さんの訪問看護について、急にこの時期になって「GWは連日入れません」と当院主治医に連絡があったみたいです・・・

うーん・・・正直がん終末期の患者さんの訪問看護を受けること=連日訪問看護に入ったり夜間休日に訪問看護に入ることになる可能性がある、ということが大前提です。経験が浅いとかそういう問題ではなく、考え方の問題ですね。ありえません。

最近たくさんの小規模の訪問看護ステーションが増えてきましたが、どの訪問看護ステーションでも大事にしてほしいのは「経営して利益をだすこと」ではなく「どうやって地域に、患者さんに貢献していくのか」という理念です。理念なき訪問看護ステーション、利益のみを追求する訪問看護ステーションは周りの多職種にとって、大変迷惑となります。

 

GWだから訪問看護はできません??それならがん患者さんの訪問看護を受けないで!患者さんがかわいそうだから・・・と自分は思いますが皆さんはどう思いますか?現在当院MSWさんが調整中ですが、それでもそのステーションさんの意思がかわらないのなら(患者さんの点滴どうするの?疼痛管理はどうするの?ストマの管理は?ほっぽらかすの?責任もたないの?)、今後は一緒に仕事していくことは難しいな、って自分は思いますよ。

 

2019年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始します→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

在宅医療の現場で働きたい、患者さんに関ってみたいと考えている方募集しています。資格は問いません。→こちらをどうぞ!