高額=いいサ高住、なーんてことは絶対ないです。

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

 

当法人のケアマネより、市内でも有数の宮の森の高額サ高住に入居した患者さんの件(サ高住入居後もケアマネ継続している)について相談がありました。曰く現在でも既に介護保険の枠をはみでる程のサービス提供となっているのに不必要な訪問看護を導入しろと連呼していると・・・

自分も診療に行っているからわかりますが、その施設、どう考えても患者さんにいいケアをすることが目的ではなく、どうやったら一人の患者さんからたくさんの売り上げをあげるのか、が目的となってしまっています。

上記のケアマネさんに関しては「自分の信念で必要と思うことをしたらいいよ、それで施設からケアマネ変更の連絡があれば、その施設では患者さん本位のことができないのであれば自分も診療も入るのやめるから」と伝えています。

 

患者さん家族にそれとなく施設のことについて聞いてみると①高額だからいいケアをしてくれていると信じていました②高額だけどやっぱり何かおかしいんじゃないかと疑問に思っていました、という2パターンに別れていました。毎日、毎週顔を見に来ている家族は②だと思っていますし、遠方でまかせっきりにしている家族の方は①ですね。

いずれにせよ高額の施設に入居する=いいケアを受けられる、なーんて現時点での札幌では幻想です。サ高住が高額設定にするのは

①他の施設との差別化のため

②収益を最大限挙げるため

っていう理由がほとんどです。

皆さん日用生活品で100円~1000円単位の買い物をするときはかなり色々悩んでから買いますよね?自分もそうです。ただこういう高額なサービスや住居を選択する時には高額=いいもの、と思って皆さん十分検討することなく決定してしまっているのが現状ではないでしょうか?

 

なぜこの施設はこんなに値段がするの?そこで十分なケアが受けられるの?きちんと確認してから入居することをお勧めしますよ・・・・

 

 

2019年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始します→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

在宅医療の現場で働きたい、患者さんに関ってみたいと考えている方募集しています。資格は問いません。→こちらをどうぞ!