慈啓会、医療センターさんも患者紹介が難しい状況に・・・どんどん医療状況は厳しくなっています

こんにちは、札幌は宮の森のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

当院が非常にお世話になっている2病院さんが、コロナ感染症のために入院患者さんの受け入れを原則中止との決定をされました。

慈啓会病院さん→新型コロナウイルス感染者発生に伴う対応について【第2報】

医療センターさん→新規紹介患者(入院・外来)の受入れは休止とさせて頂きます。

決定自体は全くしょうがないことで、来るべき時がきたか・・という思いが強いです。

医療センターさんは市立病院さんと並び、早晩コロナ対策の中核病院になるだろうなと思っていたのですが、在宅患者さんの重要なバックアップ病院として機能してくれていた慈啓会さんも受け入れ中止とは・・・・これからGWにかけて在宅患者さんの急変時の対応は熾烈を極める状況となりそうです。(というか搬送できなくなりますね)

既に熱発患者さんの搬送に関しては7.8件の病院にあたるのが通常の状態となってきていますので、札幌市の医療状況としては急速に変化しつつあります。

 

今後恐らく北大や札医にもコロナ対策への協力要請がでるでしょう。そうなると病床を空けるために札医、北大→周辺の病院への患者さんの移動→さらに在宅への患者さん移動、となることは目にみえています。

ただ病院の在宅医療へのバックアップが不十分となると、在宅医療側が患者さんを受けてあげたくても受けられない、という事態になるのは間違いないですね。

 

ということで行政や医師会には早急に、コロナ感染症対策の中核病院の決定以外でも一般病院~在宅医療へのサポート(救急搬送含む)のルール化を決定してもらいたいですね。これまでも繰り返し述べていますが1医療機関の努力、1医師や看護師の努力だけではいかんともしがたい状況となっています。動くなら今すぐ、ドラスティックにしてほしいと切に願っています、患者さんや家族が少しでも困らない状況となるように・・・・

 

2019年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始します→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

在宅医療の現場で働きたい、患者さんに関ってみたいと考えている方募集しています。資格は問いません。→こちらをどうぞ!