これから開業する先生は最悪のシナリオもよく考えておいた方がいいと思います

こんにちは、札幌の開業医@今井です。

 

今回の新型コロナの影響ですが外来診療は本当に顕著に数字上表れてきますね。内科でこうなら耳鼻科や小児科の先生のところは7割減とか普通にあるのではないでしょうか、周りのクリニックさん大丈夫か気になります。

さてそんな中でも今月道内で開業される先生はそこそこいらっしゃいます。新規指定医療機関は北海道厚生局のここのHPで確認できますが見知った先生も開業されています。(松田先生開業おめでとうございます!)

ただこれから開業予定、もしくは開業を検討している先生におかれましては本当によくよく開業後のシナリオを考えておいたほうがいいと思います。想定すべきシナリオは①順調にいった場合②やや悪い方にいった場合③想像以上に悪かった場合、ですね。

大抵どの先生も開業する時は①か②は予想するかと思うのですが、新型コロナの影響がどの程度まででるのか予想できない先生は③の本当に外来患者さんや在宅患者さんが全然集まらなかった場合どうするのか、まできちんと想定しておいた方がいいかと思います。

オンライン診療の本格的な解禁や経営が苦しくなりつつある病院の存在、発熱時含め病院や診療所に殺到しないようになってくれている患者さん、備品管理や職員などの人的管理の大変さ、などなど・・・・最悪の事態って考えたくないし、多くの先生はそこまでリアルに考えて開業することはないかと思いますが、これからは本当に最悪の事態まで(場合によってはどこでクリニックを閉めることにするかまで)考えた上で開業する必要がありますので気をつけてくださいね。

 

もし札幌市内で開業するかどうか迷っているけれど相談したい、と思う方いましたら気軽に連絡くださいね。アドバイスならどんどんしてあげられると思いますので・・・

 

2019年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始します→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

在宅医療の現場で働きたい、患者さんに関ってみたいと考えている方募集しています。資格は問いません。→こちらをどうぞ!