丸山ワクチンの希望の方でも、標準治療をお勧めすることもあります。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅緩和ケア医@今井です。

1月に入り丸山ワクチン希望の方からの問い合わせが多くきています。また実際自費診療での対応を行っています。

基本的には緩和ケアも併せて行い必要に応じて在宅医療も行っていますが、たまに精査して病気がみつかる→治療検討→結局何もしないですぐに丸山ワクチン、とおっしゃる方も少なからずいらっしゃいます。

自分の立場としては、まずはやはり標準治療を優先して行った方が病状として安定するのではないかと思うこともあり、そのような患者さんには

「標準治療は決してわるいものではないですよ、治療医の先生は豊富な経験もお持ちですし、もう一度十二分にお話しされてから治療を選択してみてはいかがですか?」

とお伝えしています。

患者さんとしてはワクチンを希望して受診しているのに、まずは標準治療はどうですか?と言われると少し困惑された顔をされますが、治療法としてまだ標準治療が選択肢として残っている患者さんに関しては治療をできるだけお勧めしています。(もちろんPSが保たれているのが条件ですが)

これまで在宅でみてきた多くの患者さん、治療したくてもできない状況であった方が多数診てきたこともあり、どうしても治療という選択肢がありながらしない方をみるとそのまま見過ごすことはできません・・・・

治療の先生もその人にあったレジメをものすごく考えてくれていますし、最後の最後まで化学療法、という風に考えている腫瘍内科の先生はおそらくは少ないのではないかと感じています。

当院は希望があれば丸山ワクチンを取扱いさせて頂きますが、まずは標準治療をお勧めすることがあります。治療や外来、在宅での緩和ケアに迷っている患者さんや家族の方がいましたら気軽に当院にご連絡ください。

当院の2018年の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!


質の高い医療を受けたいのなら高齢者住宅は看護師がいない施設を選ぶべき

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

連日在宅医として往診や訪問診療を行っています。その中で感じるのが高齢者住宅や施設に付属している訪問看護ステーション、施設が指定する同企業の訪問看護ステーションの看護師のやる気のなさ・・・・

仕組みとして仕方ないのかも知れませんが、よくあるのがバイタル測定のみで積極的な介入は皆無、何か問題が起きていてこちらから「こうして欲しい」と提案しても、スタッフ間の情報共有すらしておらず結局2週間後に訪問しても何も状況が変わらないままということがままあります。

もちろんそんな施設ばかりではなく、少数ですがきちんと施設内の患者さんを責任をもって看護、看てくれている住宅も知っていますが、札幌ではどちらかというと患者さんのいい人生をサポートするためというよりは、営利目的のために訪問看護ステーションを経営している企業が多いですね・・・・医療者としては残念です。

ということで皆さん自身やご両親が高齢者住宅を選ぶ時、本当に質の高い医療を受けたいのなら高齢者住宅は看護師がいない施設を選んだが現状ではいいのかも知れません。決してそのような住宅の「充実した医療や看護が施設内で受けられます」っていう文言に騙されないように気をつけてくださいね・・・

当院の2018年の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!


第13回健康教室のお知らせ

昨年クリニックで行っていた健康教室ですが、この度リニューアルし場所を変えて再開することになりました。場所は「ゆいと法律事務所」さん、地下鉄東西線「西28丁目駅」近くで、アクセスもしやすくなります。

今回の内容は、いまいホームケアクリニック院長 今井医師、橘高看護師、ゆいと法律事務所 石塚弁護士より、終活についてのポイントを、医療・生活・資産の面からお話させて頂きます。

日時:2月27日(水)14:30~

テーマ:「“優しい終活への一歩”~自分で選択するこれからの生き方~」

講師:いまいホームケアクリニック 院長 今井浩平医師

いまいホームケアクリニック 看護部長 橘高雅恵

ゆいと法律事務所 弁護士

会場:ゆいと法律事務所

これまでと同様で事前予約・参加費不要です。

今後も面白いコラボレーションを企画していきます。

よろしくお願いいたします。


地域の医療に貢献すること、クリニックでの医療にできるだけ注力すること、この二つは相反しない。

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

クリニックの運営をしていく上で一番の視点はもちろん「患者さんにどうすればいい医療を提供できるのか」という点ですよね。

さらにその先には単体の患者さん個人を越えて、「地域の医療にどう貢献していけるのか」っていう視点をもつことも医療機関の存在意義を考える上で非常に重要かと思っています。

実際そのように考え行動している開業医の先生って非常に多いと思います。医師会の仕事に参加する、ケア連絡会などの会に積極的に参加する、訪問看護師さんの活動に顔を出す、夜間休日の当番病院での仕事に参加する、校医として活動する、産業医活動する等々・・・・・診療以外の面でもアクティブに活動される先生には本当に頭があがりませんね。

ただ自分としては当院はあくまで、患者さんのためにも、地域のためにも、本業の医業を自院で追求していくことが一番地域のためになるのではないかと考えています。自院のことを徹底的に考え診療や看護について考え改善していくこと、それが最終的には絶対地域のためになると信じています。

地域の医療に貢献すること=クリニックでの医療にできるだけ注力すること、この二つが相互にリンクしながら診療継続していければいいですね。皆さんはどう考えますか?

当院の2018年の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!



保険者の医療請求の査定作業は早くAIを導入して欲しいと思うのは自分だけでしょうか?

こんにちは、札幌の在宅医&かかりつけ医@今井です。

毎月思いますが医療保険の請求ってなんでこんなに非効率なんでしょうか?

医療機関は患者さんを診察する→患者さんから自己負担を頂き残りは保険者に請求する→保険請求が妥当であれば残りの金額が保険者から医療機関に支払われる、過程を文字にするとこれだけなのに、本当に医療機関にとってストレスがたまります。

なぜストレスがたまるのか?その原因は明らかであって

①保険のルールが都道府県単位、ひどい時には担当者毎に解釈が違って一言でいえばスタンダードがない状態

②保険者の仕事はお役所仕事の際たるもので、仕事の時間の期限が明瞭ではない、責任者が誰かわからない(意図的にそうしているのでしょうが)、判断の根拠を示さない(理不尽でもこちらの判断に従えって言っていますよね)

というのが根底にあります。

自分の考えでは、現時点では保険請求は全国一律でのスタンダードがあって提供されているのでそこは都道府県毎に解釈が違うべきではないと思いますし、せめて請求を却下するなら却下した理由をきちんと保険請求の根拠にしたがって提示すべきだと思います。

ただあと5~10年くらいすれば、これらの業務は大部分AIにとって代わられるでしょうね。早くこの非効率で理不尽な保険請求のプロセスが見直されることを望みます。皆さんのご意見はいかがですか?

当院の2018年の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!


訪問看護師さんの入職が決まりました!!

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

昨年から応募していた訪問看護師ですが、来月から勤務したいとおっしゃってくれた看護師さんが面接に来てくれたのでおそらく入職になると思います。

自分が言うまでもないですが、札幌で看護師さんとして働く、勤務していく時にどこを選ぶかっていう選択肢は本当にたくさんありますよね。

病院といっても急性期もあるし慢性期もある、総合病院もあるし単科の病院もある、老健や特養、サ高住やカンタキ、デイとかも選択肢としてはありますしね・・・

自分は数ある選択肢の中から当院で働いてみたいなと看護師さんが思ってもらえるような職場をつくりたいとは思いますが、その前に一番重要なことは「在宅医療、在宅緩和ケア、訪問看護をやってみたい」って看護師さんに思ってもらうことだと考えています。

ということで当院は訪問看護に興味のある看護師さんの見学を随時受け付けています。新しいフィールドで仕事をしたい、これから将来絶対必須となる在宅の、訪問看護の技術を学びたいと考えている看護師さんいましたら気軽に当院にご連絡ください。お待ちしています。まだまだ看護師さんは募集していますよ~。

当院の2018年の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!


薬学的な管理は自宅での患者さんの実情や介護状況、他職種の行動原理を知った上で行うことが求められている

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

当院の在宅医療では薬剤師さんのアドバイスや力を最大限尊重しているつもりです。大体7割くらいの患者さんは訪問薬剤を希望されますので、患者さんや家族の方のなじみのある薬局さんを選んでもらうようにお伝えしています。どうしても選べない場合は地区や病状を考慮して当院から2,3薬局名をあげることもあります。

薬剤師さんが地域の中にでて活動することは、単に服薬管理のみならず総合的な薬学的管理と多職種への薬に関しての指導などを通して患者さんや家族の在宅生活に貢献するということであり、単に窓口で薬の対応するよりは絶対薬剤師さん自身にとっても経験値的にプラスになると個人的には考えています。

さてそんな他職種とからむことが増えつつある薬剤師さんですが、最近当院の近くの調剤薬局さんで残念なことがありました。

当院にショート先から薬の使い方について相談あり、介護状況や服薬状況を考え自宅とショート先とで薬の使用方法を変えて処方薬をだす

当院の近くの薬局の薬剤師さんが患者さんの家族の背景や介護状況をあんまり理解せずに、患者さんのショートステイ先での薬の使い方について「それっておかしい。一緒にしないと、減量しないとだめじゃないか」とご家族に窓口で伝え勝手に処方せんの薬の量の減量を決める。(主治医に確認なし・・)

家族は不安になり薬剤師さんのアドバイス通りの薬の使い方としないと駄目かなと考え、ショート先に薬を減量してもたせる

結果ショート先では「なぜこちらでみるのに必要な薬をもたしてくれないの?」「これでは対応できません」と・・・

家族が困ってどうしたらいいかと当院に連絡する

当院で上記経緯を確認する。

と言った流れでした。

結局薬剤師さんは薬剤師さんが考える薬の使い方(と言ってもそんなに大事な薬ではないのですが)に固執するあまり、薬の処方の意図であったり周囲の状況であったりを確認することなくアドバイスすることで家族や患者さん、多職種含め困る、といった状況に陥ったのですが・・・・本来ならケアマネや在宅医に一言確認してもらえれば解決した問題だと自分は考えています・・・・うーん、誰にもプラスにならないような介入でした、ちょっと残念ですね・・・

これからの時代は薬剤師さんも、薬学的な管理は自宅での患者さんの実情や介護状況、他職種の行動原理を知った上で行うことが求められていると個人的には考えていますが皆さんはどう考えますか?よければご意見くださいね~

当院の2018年の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!


在宅医療を怖がる看護師と、抵抗がない看護師の違い

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

年末年始の多忙な時期がようやく過ぎ一段落をしているこの時期、医療者、特に看護師(医師)が在宅医療へのチャレンジをどう考えるかっていう題で少し書いていきたいと思います。

言うまでもないですが現在国を挙げて在宅医療への推進がなされており、要介護者であっても重度の疾病をもっていようとも、どのような状態の患者さんであっても、できるだけ入院することなく自分の”場”で生活していけるように医療を提供していくことが医療者にとって求められています。

今の日本の都市部では既に医療機関を受診する患者さんの半数以上が高齢者でしょうし、田舎の医療機関での状況はいわずもがなだと思います。社会にとってマジョリティとなりつつある高齢者への医療をどのようにやっていくのか、在宅医療のみならず病院医療の現場においても医療者であれば自問自答をしていく必要がありますよね。

今自分が気になっていることとしては「これだけ社会から在宅医療のニーズが高まっている状況を鑑みて、1医療者として、また1医療機関の経営者としてどのように対応していくべきだろうか」という点です。

医療者が在宅医療のフィールドに一歩踏み出すことは、やはり現状ではまだ大きな壁があるのが現状です。慣れた病院の外にでること、多職種との連携をうまくこなすためのコツ、専門職として以外のことで求められるスキル、人としての倫理観、患者さんや家族の内在的な論理を把握する力などなど・・・・これらの問題をどのように在宅医療を目指す医師や看護師にマスターしてもらうのかは結構難しい問題です。

ただ1点言っておきたいことはやっぱり「チャレンジなくして成功なし」っていうことです。新しい分野へ飛び込むことをいつまでも躊躇していては、慣れた病院での環境で仕事をすることをいつまでもしていては、新しい時代に求められる医療職となることは非常に難しいでしょう・・・・

(自分がいい意味で驚かされているのは自分のクリニックには在宅という新しい分野にチャレンジしてみたいって考えてくれている医師や看護師がたくさん集まってくれていることです。これだけ他のクリニックやステーションが人が足りないって言っているなか集まってくれて本当に感謝ですね!!)

在宅医療を怖がる看護師と、抵抗がない看護師の違いって本当に極わずかだとは思いますが、やはり行動するかしないかで大きく将来が変わってきます。今後社会全体が在宅医療に向かいあう時がかならず来ると思います。早めに対応力をつけようと考えるのであれば、できるだけ早く、そして多職種が働いている医療機関で在宅医療のフィールドに飛び込んだ方が絶対いいっ自分は考えていますが皆さんの考えはいかがですか?

チャレンジしたい、若い気持ちをもつ看護師、医師の参入、見学を是非お待ちしています。興味ある方連絡くださいね~

当院の2018年の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!


訪問看護に必要な知識って医療だけではないですよね。その人の内在的な理論を理解するためには・・・

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

とある在宅患者さん宅で治療方針に関して諸々相談していたところ、その患者さんに訪問してくれてている看護師さんも同席してくれました。

医学的な面を中心に自分が噛み砕いて説明しましたが、その看護師さんはその人の生き方、考え方の面からどのように治療するのがいいのか、自分と患者さんとの間に入って調整してくれました。とても助かりましたね。

訪問看護師さんに必要な事って、当たり前ですが医学的な知識は最低限必要なんですが、何より大事なことは哲学的な宗教的ことであったりの共感できる力、寄り添える力なんでないかなと個人的には考えています。

それではそんな共感する力を養うためにはどうすべきでしょうか?自分は一番は本を読む事、特に小説をたくさん読む事を訪問看護師を目指す看護師さんにはお勧めしたいと思っています。

小説の中にでてくる登場人物の気持ちや考えを理解し自分なりにまとめる、行間から感情や情景を類推する、作者が伝えたい事はなんであるかを想像する、そのプロセスって実は在宅医療、訪問看護にとても役に立つのではないかと考えます。

訪問看護師を目指す看護師さんは医学の知識習得も重要ですが、それよりもその人の内在的な論理を理解することができるようになる読書、特に小説の読み込みをしてみてはいかがでしょうか?きっと実臨床の場で役に立つ時があると思いますよ、是非地道に取り組んでみてください。

当院の2018年の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!