今年最後の外来が終了しました。皆さん1年お世話になりました。よいお年を!!

こんにちは、札幌のかかりつけ医@今井です。

本日12月31日、予定通り朝7時から14時までの外来診療を行い無事終了しました。

去年は「1年後の外来ってどうなっているんだろう?」とすごく不安に思いながらのスタートでしたが、幸いスタッフにも患者さんにも恵まれ大過なく1年をこなすことができましたよ。

時間あれば今年1年振り返って外来や在宅の統計、ここで書きたいなぁとも思っていたのですが年末の体調不良もあり全く準備ができていません!

なので新年になり落ち着いたら書きたいとは思いますが・・・・えぇ、自分1月3日まで外来&在宅当番ですのでしばらくはそんな時間はないかと思います。(一番忙しい時期は他のスタッフさんには休んでもらい、自分が働くのが当然って思っていますので・・・)

という訳でしばらくはブログ書く時間もとれないかも・・・年末年始その分患者さんの診療を頑張っていきたいと思います。

皆さん今年1年お世話になりました。来年も全スタッフ患者さんのために頑張っていきますのでどうぞ当院を宜しくお願い申し上げます。

今井浩平


久々に体調不良で寝込んでました。その時に考えたことは・・・・

こんにちは、札幌の在宅医&かかりつけ医@今井です。

いやー、1年ぶりくらいでしたが体調不良で2日程ほぼ活動ができない状態が続いていました。

先週末に怒涛のように来院された急性の感染患者さんを100人超診察した影響でしょうか・・・おそらく患者さんからもらってしまったのではないかと思いますが、火曜日から高熱と悪寒があり水木と診療所にはでるもののほぼ動けず、むしろ診療所でスタッフさんに看護してもらっている状態・・・・だいぶ改善し週の後半は診療再開しましたが、現在土曜日の段階でまだ少し体調不良が続いています。

医師の不養生ではないですが体調管理の重要性を改めて感じましたね。

さてしばらくぶりに体調不良になってスタッフや一部の患者さんたちには迷惑かけてしまいましたが、あくまで今回の体験はプラスに考えたいのでこの体調不良を経験したことを好意的に振り返ってみると以下の点が確認できました。

①体調がよくない患者さんのつらさや気持ちを再体験できた(普段は健康ですからやっぱり本当のつらさって自分が経験しないと思いだせないですよね)

②スタッフの皆が本当によく対応してくれて、積極的に自分の代わりに仕事を引き受けてくれた(本当にうれしかったです!!)なので結果として自分がいなくてもある程度診療所の業務が回ることが確認できました

③普段からの体調管理の重要性を改めて再認識した

ってことでしょうか。

特に自分の中でやっぱり大きかったのは②ですね。今まで診療所ってどうしても個人の医師の力、努力にたよって運営されてきていたのが現実ではないかと思いますが、当院がようやくチームの力で運営されていける段階になったんだなって今回の体調不良で本当に心底思えました・・・・・

やっぱ個人の努力は必須ですが、あくまで医療機関としてチームで活動していくんだ!ということを重要視して組織をつくってきてよかったなと感じた次第です。

来年度は個人も組織も輝くように診療所を組織つくっていきたいな、そんな感想を今回の体調不良からは学びましたよ。

当院はまだまだ在宅医療や在宅緩和ケア、訪問看護や地域医療に興味のある医師や看護師を募集しています!!気軽にご連絡くださいね~。

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!


土日月と怒涛の外来でした。インフルものすごい流行ってますね・・・

こんにちは、札幌のかかりつけ医&年中無休で診療している診療所の医師@今井です。

土日月と3連休、ひたすら朝の7時から昼14時すぎまで外来診療していましたが

インフルエンザ、パンデミックしてますね!

ひたすら熱発、気管支炎や消化器症状などの体調不良の人を診続けていましたが・・・週初めですが既に体力的にはかなり消耗しています(インフルうつったかなぁ・・・)

年末年始の休みの日はかなり感染症の方多発していますので定期の受診の方はできればさけた方がいいかも知れません。

年末年始も休まず外来しています。必要な方は受診してくださいね~。

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!


1月の診療担当医 変更のお知らせ

1月外来診療担当医が、

5日(土)・6日(日)・19日(土)・20日(日) 川端医師

12日(土) 谷口医師 26日(土)・27日(日) 川合医師

それぞれ変更になります。

8日(火)・9日(水)・10日(木)・11日(金)

今井医師休診により川端医師の診療のみになります。

脳神経外科領域の診察を希望する患者様は、来院される前にお電話にてお問い合わせ頂きます様お願い致します。


外来でグリーフケアしていますが、100の会話するより一緒にこの歌を聞いた方がいいかもしれませんね。

こんにちは、札幌の在宅緩和ケア医@今井です。

 

当院は在宅での緩和ケアも積極的に行っておりできる限り入院したくない、自宅で最期まで過ごしたいと思う患者さんの支援、できる限りしています。

そんな患者さんの支援を最後までした後、時間がたってからぽつぽつとご家族が当院の外来に通ってくれています。

生前の患者さんの様子やその後の御家族の気持ちなど色々お聞きして外来でグリーフケアも兼ねて診療させてもらっていますが、最近グリーフケアにおいて音楽がもつ影響、癒しの力を再認識しています。

特にこの曲は結構前に流行りましたが、いい曲はやっぱり何年たってもいいですね。(恥ずかしながら島津亜矢さんってこの曲で初めて知りましたが、とっても表現力が素晴らしい!!)

遺された患者さん家族の気持ちを考えると本当に心に染み渡る歌ですね・・・

 

場合によっては100の会話を外来でするより一緒にこの曲を聞いた方がいいグリーフケアになるかも知れません。外来でできるグリーフケア、色んなものがあると思いますが型にはまらずに自分らしく、当院らしく追求していきたいと思いますよ。

 

最近グリーフケアこそ究極の緩和ケアではないかと個人的には感じていますが皆さんはどう考えますか?よければ動画の歌を聞いて一緒に考えてみてくださいね。

 

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!


サバティカル休暇、留学を前提とした医師を来年度受け入れます。興味ある方は是非ご連絡ください。

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

 

表題の如く将来的な留学を前提として勤務する医師を来年度受け入れいます。過去に以下のようにそのようなことを希望する医師の募集はしていました。↓

関連記事サバティカル休暇を前提とした勤務を希望する医師はいませんか?【海外での医療活動や留学も支援します】

 

基本的には当院としては1年でも長く勤務してくれる医師には在籍してほしいのですが、アメリカやイギリスなどの大学院に行きたい、海外での医療活動をしてみたい、ボランティアで短期間~長期間参加したいと考えている医師がいるのであればその希望時期や勤務については最大限考慮するようにしています。

留学後も得た知識や経験をフィードバックしてくれればいいと考え条件が折り合えば留学や海外医療支援の期間中の生活費も出すことを検討していますよ。

 

札幌で将来的に海外に行きたいと考えているけれど現在の勤務先では難しい、不安だなど相談がある医師の方がいましたら気軽にご連絡ください。諸々相談にのることは可能です!!当院は多様な働き方を医師個人個人にあわせ提供していきたいと考えており複数医師体制で全面的にバックアップ致します。連絡お待ちしていま~す。

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!


外来の看板新しくなりました!!

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

 

10月から皮膚科の診療が開始となりそれに伴いやっとこさ皮膚科も診療しますよ~っていう看板、設置致しました。

 

当院の皮膚科診療ですが午前は在宅への訪問診療、往診、午後は外来診療やっています。

通院大変な方いましたら気軽にご連絡ください。あと通常の外来も一通りの皮膚疾患への対応から褥瘡の処置まで幅広く行っていますので是非ご利用くださいね。

 

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!


横並びの多職種連携はあり得ない。だれが、どの職種が核となるべきか?

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

 

2018年ももう終わりに近づいていますがやっぱり今年は多職種連携に始まり多職種連携に終わる1年だったかなぁという感じがしています。

自分がこの1年多職種連携について感じていたことは、多職種連携の核となるべきなのは誰か?ということです。全員がフラットで、同じ責任で、対等な立場で連携していくということは現実的にはあり得ないと思っています。

とある在宅医の先生は

「在宅医こそが中心にいるべきでチームをうまく組織することが在宅医の仕事だ!」

とおっしゃっているかも知れません。たしかに病状を予測しながらチームを組織化することは在宅医の大事な仕事でしょう。

ただ細かな体調変化に伴い都度サービスの調整が必要な状態にある患者さんを診ていくときに誰が音頭をとって対応していくべきでしょうか?

 

個人的にはやはり医療的な知識も持ち、実際のケアに関わりながら医療と介護の両方を観察していける訪問看護師こそが多職種連携の中心にいるべきだと考えます。

医師はどちらかと言えば医療面、ケアマネやヘルパーさんは介護面にどうしても目がいきがちですよね。

よく訓練された、質の高いケアが提供できる訪問看護師さんであれば、どのタイミングでどのように介入すべきか、その時に必要な情報提供の相手が誰でどのように情報を提供すべきか、をきちんと考えた上で多職種連携の中心になることが可能です。

 

在宅医療チームの組織化と方向性を考える時には在宅医は重要な役目を果たせますが、日々のケアのための多職種連携の中心、核となるのは訪問看護師さんであるべきだと個人的には確信しています。皆さんの考えはいかがですか?よければご意見くださいね。

 

 

当院はそんな在宅医療で核となってくれる訪問看護師さんを是非育てたいと思っていますし一緒に働きたいと思っています。札幌での訪問看護、在宅緩和ケアなどに興味のある看護師さんいましたら気軽にご連絡くださいね。

 

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

 

 


見学の依頼がちらほらと・・・札幌での訪問診療、訪問看護、在宅緩和ケアなどに興味のある看護師やMSW、医療事務の方気軽にどうぞ!

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

 

最近ですが年末から年始にかけて在宅医療の研修というか見学希望の方が少しずつ増えてきています。

「病棟で看護師をしているけれど在宅に興味がある」

「12月いっぱいで勤務が終わるので一度訪問看護をみてみたい」

「在宅の、地域に密着した診療所でのMSWの業務をみてみたい」

「既に在宅の診療所に努めているけれど実際の診察は2,3分でカルテ書きや処方などは全て事務の仕事。医療事務としてこの仕事でいいのか・・・疑問あるため一度見学させてほしい」

などなど皆さん色々な理由があります。

 

 

当院としては在宅医療の普及や啓蒙のため、また当院についてきちんと知ってもらうためにも他医療機関や希望者からの見学依頼はできるだけ受けるようにしています。(自分も東京や名古屋のクリニックに見学に行きましたし・・・)

見学で得られることって人によりますが、短時間でかなりのものを理解、学ぶことができると自分は思っていますよ。訪問診療や訪問看護、在宅での緩和ケア、当院で勤務に興味のある医師や看護師、MSWや医療事務の方遠慮なくご連絡くださいね。お待ちしています。

 

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!


20/320【どうやってこの数字を減らすのか・・・】

こんにちは、札幌の在宅医&在宅緩和ケア医@今井です。

 

20/320

というこの数字ですが何を示しているかお分かりですか?といってもまぁ多くの方は想像もつかないかと思います。

この数字、実は当院で診療している在宅患者さんにおいて現在入院している患者さんの割合です。

大多数の患者さんが自宅で年末は過ごしたいと思っていても現実的には入院が必要な状態となったり、またはご家族の介護の都合がどうしてもつかなくてミドルステイ目的で入院になったり、はたまたリハのために入院となったりと・・・・色々な理由で入院となっています。

ただこの入院調整ですが、最近は病院のベットもかなりタイトになってきているため結構大変な調整を強いられています。当院のMSWは新規の患者さんの調整であったり家族の支援であったりとがっつり活動をしていますが、その中での厳しい入院調整・・・・うーん、医師看護師だけでなくこの時期は本当にMSWも含め総力戦の様相を呈してきました。

それでも大多数の病院さんは忙しいながらも病床調整してくれて何とか患者さんを受け入れてくれています。大変ありがたいですね。

当院としてはできるだけ患者さんが入院しなくて済むように、また家族の方の介護負担を軽減する方法を最大限考えて行きたいと思います。

 

20/320というこの数字・・・・どうやって減らしていけるのか、もう少しゆっくりと考えていきたいと思います。

 

まだ年末に向けて在宅患者さんの新規の依頼、受け付けています。必要がある患者さん家族の方いましたら是非ご連絡くださいね。

 

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!