丸山ワクチンの希望の方でも、標準治療をお勧めすることもあります。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅緩和ケア医@今井です。

1月に入り丸山ワクチン希望の方からの問い合わせが多くきています。また実際自費診療での対応を行っています。

基本的には緩和ケアも併せて行い必要に応じて在宅医療も行っていますが、たまに精査して病気がみつかる→治療検討→結局何もしないですぐに丸山ワクチン、とおっしゃる方も少なからずいらっしゃいます。

自分の立場としては、まずはやはり標準治療を優先して行った方が病状として安定するのではないかと思うこともあり、そのような患者さんには

「標準治療は決してわるいものではないですよ、治療医の先生は豊富な経験もお持ちですし、もう一度十二分にお話しされてから治療を選択してみてはいかがですか?」

とお伝えしています。

患者さんとしてはワクチンを希望して受診しているのに、まずは標準治療はどうですか?と言われると少し困惑された顔をされますが、治療法としてまだ標準治療が選択肢として残っている患者さんに関しては治療をできるだけお勧めしています。(もちろんPSが保たれているのが条件ですが)

これまで在宅でみてきた多くの患者さん、治療したくてもできない状況であった方が多数診てきたこともあり、どうしても治療という選択肢がありながらしない方をみるとそのまま見過ごすことはできません・・・・

治療の先生もその人にあったレジメをものすごく考えてくれていますし、最後の最後まで化学療法、という風に考えている腫瘍内科の先生はおそらくは少ないのではないかと感じています。

当院は希望があれば丸山ワクチンを取扱いさせて頂きますが、まずは標準治療をお勧めすることがあります。治療や外来、在宅での緩和ケアに迷っている患者さんや家族の方がいましたら気軽に当院にご連絡ください。

当院の2018年の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!


質の高い医療を受けたいのなら高齢者住宅は看護師がいない施設を選ぶべき

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

連日在宅医として往診や訪問診療を行っています。その中で感じるのが高齢者住宅や施設に付属している訪問看護ステーション、施設が指定する同企業の訪問看護ステーションの看護師のやる気のなさ・・・・

仕組みとして仕方ないのかも知れませんが、よくあるのがバイタル測定のみで積極的な介入は皆無、何か問題が起きていてこちらから「こうして欲しい」と提案しても、スタッフ間の情報共有すらしておらず結局2週間後に訪問しても何も状況が変わらないままということがままあります。

もちろんそんな施設ばかりではなく、少数ですがきちんと施設内の患者さんを責任をもって看護、看てくれている住宅も知っていますが、札幌ではどちらかというと患者さんのいい人生をサポートするためというよりは、営利目的のために訪問看護ステーションを経営している企業が多いですね・・・・医療者としては残念です。

ということで皆さん自身やご両親が高齢者住宅を選ぶ時、本当に質の高い医療を受けたいのなら高齢者住宅は看護師がいない施設を選んだが現状ではいいのかも知れません。決してそのような住宅の「充実した医療や看護が施設内で受けられます」っていう文言に騙されないように気をつけてくださいね・・・

当院の2018年の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!


第13回健康教室のお知らせ

昨年クリニックで行っていた健康教室ですが、この度リニューアルし場所を変えて再開することになりました。場所は「ゆいと法律事務所」さん、地下鉄東西線「西28丁目駅」近くで、アクセスもしやすくなります。

今回の内容は、いまいホームケアクリニック院長 今井医師、橘高看護師、ゆいと法律事務所 石塚弁護士より、終活についてのポイントを、医療・生活・資産の面からお話させて頂きます。

日時:2月27日(水)14:30~

テーマ:「“優しい終活への一歩”~自分で選択するこれからの生き方~」

講師:いまいホームケアクリニック 院長 今井浩平医師

いまいホームケアクリニック 看護部長 橘高雅恵

ゆいと法律事務所 弁護士

会場:ゆいと法律事務所

これまでと同様で事前予約・参加費不要です。

今後も面白いコラボレーションを企画していきます。

よろしくお願いいたします。