病院では緩和ケアの患者さんも週1,2回しか面会できないかも・・・それでも入院したいですか?

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

コロナ感染症拡大に伴い各札幌市内の病院さんはかなり厳重に面会制限や受診制限を行っていますね。コロナの院内への持ち込みや職員への院内感染のことを考えると絶対必要だと思いますし、やむを得ない状況かと思います。

さてそんな中で最近当院への訪問診療依頼の理由に「病院で面会制限があり終末期なのにほとんど会えない」とか「GHに入居しているけれど面会全くできずどんな状態かわからないので連れて帰りたい」というのが目立つようになってきました。

確かに緩和ケア病棟勤務の方の話を聞いても現状では面会制限を結構厳密にやっているようですし、スマホやタブレットを用いて画面越しに面会、なーんて手段もしているようですがやっぱり同じ空間で時間を過ごすこととはかなり違いますよね。

現在自宅で診ている患者さんにも自分は最近は「入院してできる治療は○○であったり××であったりあることはあります。ただ在宅では▼▼の治療があって全くできないことはないです。あと入院したら家族の方の面会はしばらくの間かなり厳しい状況ですが、それでも入院希望されますか?」と聞いていますが、高齢者の方や家族を親身になって看てあげているご家族程「それならできる範囲で自宅で一緒に過ごしたいです。」という方が増えていますね。

 

感染リスクの面から考えても不特定多数が勤務、出入りする病院より自宅のほうが安全と言えば安全です。

 

現在治療中であったりホスピス入院なども考えている患者さんや家族がいましたら入院後の生活についても想像してみてください。家族と会えないなら入院しない、自宅で最期まで過ごしたい、そんな方いましたらまずは相談だけでもいいので当院に連絡くださいね。

 

2019年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始します→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

在宅医療の現場で働きたい、患者さんに関ってみたいと考えている方募集しています。資格は問いません。→こちらをどうぞ!