今から開業するのであれば在宅専門ではしないかな・・・経験して見えてくること

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

昨日金曜は在宅の分野での開業希望の先生と、食事をしながら情報交換を行ってきました。(仮にA先生とします)

実際の診療はみていないですが、A先生は自分からみても在宅医療にぴったりの性格と人当りのよさ・・・それなりにうまくいくだろうなと感じました。

同席していた医療になじみのある他の方とも、札幌市内の在宅の情報であったり最近の医療状況であったりと情報交換はしたのですが、自分から伝えたことの中で一番のポイントは「自分が今から開業するのであれば在宅専門ではしない」ということです。

その先生はそれでも「初期投資などを考えると在宅専門でする方が経営的にもいいと思うのですが・・」とのこと。確かにそれはよくよく理解できますが、開業して10年たった、色々経験してきた自分からすると見えている景色が多分A先生とは若干違っていましたよ。

自分が在宅専門での開業はあまりお勧めしないのは以下の理由からです。

①自分が開業した10年前と比べ既に札幌市内では在宅クリニックが増えつつあり、A先生のクリニックが差別化していくことが難しいから(簡単に言うとなんで先生のところを選ぶの?ってことです)

②国の政策時代がかかりつけ医を強烈に意識しているので外来機能はこれから先10年は絶対外せなくなってくるから(在宅専門で始めると、途中から外来スタートするハードルは開業するときと同じくらいめんどくさいんです。院内の整備やスタッフの調整などもありますし)

③病院がそろそろ本格的に在宅医療に出てくるため

④医師を複数雇用しなければ365日ずっと一人でいつまでも診療する体制・・・ただ医師の雇用をするにはある程度の体力がなければできないが、現在の診療報酬では個人でそこまでもっていくのがかなり難しい(できないことはないですが)から

 

かりに在宅専門で開業するなら①差別化が可能②最初から複数医師体制③3年以内に事業をかなり拡大する、などのビジョンが開業前にできている、などの条件があればいいんじゃないですか?とお伝えしたのですが・・・・A先生はどう考えるでしょうか??

 

こんな感じで色々話を聞きたいです、もしくは在宅医療勉強したい/その分野で開業したいですっていう医師の方とは都度会って話はしています。興味ある方いましたら気軽にご連絡くださいね。

 

2019年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始します→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

在宅医療の現場で働きたい、患者さんに関ってみたいと考えている方募集しています。資格は問いません。→こちらをどうぞ!