隙間風がつらい、暖房の費用が払えない・・・体調不良は環境が原因のことも

こんにちは、札幌のかかりつけ医@今井です。

 

12月1月とあまり寒くなく落ち着いた(というか例年では考えられないくらい)暖かい日が続いていましたが1月下旬からようやく冷え込んできて冬らしくなってきましたね。

そんな寒くなりつつある日ですが、ある日いつも元気に通院してくれていた高齢の患者さんが動けない、と言って搬送されてきました。

めまいやふらつき、食欲がないなどの症状の訴えはあるものの検査上は異常なし。なんかおかしいなぁと思いつつクリニックで横になってもらい点滴しながら話をゆっくり聞いているとこんなことを言われました。

「昨年の夏に引っ越ししてしばらくはよかったんですが、冬に入るとものすごい寒い部屋だってわかったんです」

「大家さんに暖房器具や部屋の隙間のことを言っても保護だから我慢しなさいとのことで何もしてくれない」

「ケースワーカーさんもあまり動いてくれないし・・・仕方ないからお金も無駄にできないし、暖房の費用も払えないから部屋で布団にくるまって我慢していた」

とのこと。

まぁ明らかに体調不良の原因はここにありそうですよね。環境要因が大きくその人の生活に影響を与えていそうでしたので、もちろん自分たちのできることは保護課、ケースワーカーさんに連絡しての環境調整となります。

かかりつけ医はこんな感じで症状のみへの治療だけでなく根本的な治療となりうるのであればその人の生活の改善にもお手伝いしていきたいと思っています。

あなたの近くのかかりつけ医の先生はあなた自身や生活に興味をもってくれていますか?そんな先生がいたら是非かかりつけ医としてくださいね。

 

2019年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始します→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

在宅医療の現場で働きたい、患者さんに関ってみたいと考えている方募集しています。資格は問いません。→こちらをどうぞ!