久々に体調不良で寝込んでました。その時に考えたことは・・・・

こんにちは、札幌の在宅医&かかりつけ医@今井です。

いやー、1年ぶりくらいでしたが体調不良で2日程ほぼ活動ができない状態が続いていました。

先週末に怒涛のように来院された急性の感染患者さんを100人超診察した影響でしょうか・・・おそらく患者さんからもらってしまったのではないかと思いますが、火曜日から高熱と悪寒があり水木と診療所にはでるもののほぼ動けず、むしろ診療所でスタッフさんに看護してもらっている状態・・・・だいぶ改善し週の後半は診療再開しましたが、現在土曜日の段階でまだ少し体調不良が続いています。

医師の不養生ではないですが体調管理の重要性を改めて感じましたね。

さてしばらくぶりに体調不良になってスタッフや一部の患者さんたちには迷惑かけてしまいましたが、あくまで今回の体験はプラスに考えたいのでこの体調不良を経験したことを好意的に振り返ってみると以下の点が確認できました。

①体調がよくない患者さんのつらさや気持ちを再体験できた(普段は健康ですからやっぱり本当のつらさって自分が経験しないと思いだせないですよね)

②スタッフの皆が本当によく対応してくれて、積極的に自分の代わりに仕事を引き受けてくれた(本当にうれしかったです!!)なので結果として自分がいなくてもある程度診療所の業務が回ることが確認できました

③普段からの体調管理の重要性を改めて再認識した

ってことでしょうか。

特に自分の中でやっぱり大きかったのは②ですね。今まで診療所ってどうしても個人の医師の力、努力にたよって運営されてきていたのが現実ではないかと思いますが、当院がようやくチームの力で運営されていける段階になったんだなって今回の体調不良で本当に心底思えました・・・・・

やっぱ個人の努力は必須ですが、あくまで医療機関としてチームで活動していくんだ!ということを重要視して組織をつくってきてよかったなと感じた次第です。

来年度は個人も組織も輝くように診療所を組織つくっていきたいな、そんな感想を今回の体調不良からは学びましたよ。

当院はまだまだ在宅医療や在宅緩和ケア、訪問看護や地域医療に興味のある医師や看護師を募集しています!!気軽にご連絡くださいね~。

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!