入院か、在宅での治療を継続するのか・・・・よりよく決断できるのは在宅医?訪問看護師?

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

癌終末期で在宅緩和ケアを受けている患者さん、褥瘡で加療中の患者さん、肺炎で点滴しながら在宅療養している患者さん・・・それぞれシチュエーションは違いますが共通していることは、「在宅でどこまでいるのか、入院するのか」という迷いを抱えている点です。

稀に(体感として5~10%程度の患者さん家族)全く迷いがなく「何があっても病院には絶対行きません」という患者さんやご家族もいらっしゃいますが、多くの患者さんや家族の方は「入院した方がいいんだろうか?」とか「このまま在宅で治療してよくなるんだろうか」っていう不安を抱えています。なので在宅医としては常にコミュニケーションを意識していますし、都度相談できる体制を用意しています。

 

さて表題の如く「入院か在宅での治療を継続するか・・・・よりよく決断できるのは在宅医?訪問看護師?」ってお題ですが皆さんはどう考えますか?医師?看護師?それともそれ以外?

 

自分の考えとしては「訪問看護師さんの方がベターかな」って思っています。ただし条件としては「訪問看護の経験が豊富」かつ「病院医療についてのメリットデメリットもきちんと理解している」というのが必要かなと思っています。

なぜ訪問看護師さんの方がよいか、という理由ですが、単純に上記のような病院に入院するかどうか迷うような疾患の患者さんの場合はほぼ毎日訪問看護師さんが入っているため、患者さんの気持ち、家族の考え、治療経過、今後の見通し、ACPについてなどに対しての入ってくる情報量が在宅医とは段違いに多いんですよね・・・なので上記のような条件に当てはまる看護師さんであれば入ってくる情報を自分なりに整理して、在宅医にアウトプットすること、確実にできると思っています。

ただたまに組む訪問看護ステーションさんで、上記のようなアセスメントが難しいなと感じた場合は、今井の場合は少しだけこまめに入って自分で情報を収集→整理→判断する、ということを意識してやっていますよ。

 

ということで上記の問いに関しての答えは「能力があれば訪問看護師さんの方がベター、ただ在宅医であろうが訪問看護師であろうが、判断するために大事なことはそれをするために必要な情報をどれだけ集めることができるか」ということだと思っています!(^^)!ということで、訪問看護師さん!!自信をもって頑張ってくださいね!!

 

さて皆さんのご意見はいかがでしょうか?よければ教えてくださいね。

 

現在の求人に関して

入職祝い金制度導入しました。是非直接応募ください→こちらをどうぞ!

道外からのUターン、Iターンの方お待ちしています→こちらをどうぞ!

札幌市外の道内の医療職の方、札幌に引っ越しして当院で勤務しませんか?→こちらをどうぞ!

人事部立ち上げました!!一緒にやってくれる方まだまだ募集しています!→こちらをどうぞ!

法人運営をしてみたい事務の方募集しています→こちらをどうぞ!

クリニックの事務長やってみたい方募集中→こちらをどうぞ!

医療事務も随時募集しています→こちらをどうぞ!

医師の診療同行をしてくれる診療アシスタント募集しています→こちらをどうぞ!

札幌で在宅医療、在宅緩和ケアなどの訪問看護、地域密着型の外来看護をしたい看護師さん募集しています。診療所、訪問看護ステーションなど全事業所で募集中!→こちらをどうぞ!

当院について

2022年、それ以前の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

現在の目標は2024年に病院を開設すること!一緒に病院つくりませんか?→こちらをどうぞ!

南区の分院、さっぽろみなみホームケアクリニックについて

さっぽろみなみホームケアクリニックでは常勤医、非常勤医を募集しています!→こちらをどうぞ!

医療事務と診療同行看護師も募集しています!→こちらをどうぞ!