かかりつけ医についての草場先生のコメントは一読に値しますので是非確認を!<かかりつけ医の制度化に向けての一歩>

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

日本医事新報という雑誌のWEB版において草場先生がかかりつけ医についてのコメントを出されています。興味ある方は一読に値しますので是非確認しておくことをお勧めします。短いですよ!

日本医事新報社さんより 22年11月24日

【識者の眼】「かかりつけ医の制度化に向けての一歩」草場鉄周

内容としては非常に腑に落ちる内容かと個人的には思われます。草場先生は長年家庭医療の専門医として地域で活躍する医師を育てている法人のトップでもありますし、プライマリケアの第一人者です。先生はおそらく長年の家庭医を育てていく過程で、現在及び将来の日本の医療の問題点が家庭医を中心としたかかりつけ医制度で問題が解決できる、と確信したのだと思います。

一方自分も全く同じ結論には至っていますが、どちらかというと自分はボトムアップして積み重ねてきた自分自身の経験からそうなった、というよりは、「今後30年先、もっと言えば50年先にも持続可能な社会保障制度はどのような形か?」という医療政策上の観点からスタートして考えた結果、家庭医中心のかかりつけ医制度によるプライマリケアがベストでそれ以外に選択肢はないのではないか、という結論になっていますよ。

思考のスタート地点は違えど結論は同じです・・・これ以外に持続可能なシステムはないと自分は確信していますがどうでしょうか?

 

さて最後に文中の締めの言葉だけ引用させて頂こうと思います。この部分も全く自分も同感です。

「・・・・ようやく日本にも国際標準にも叶うプライマリ・ケアを実現させる方向性が見えてきたと感じている。もちろん、日本医師会報告との落差は大きく、そのギャップを埋めるための議論が今後展開されるのは必定である。その際には、日本の現在、そして将来の医療課題にどう立ち向かうかという視点を忘れずに議論を展開して頂きたいと強く願っている。」

目先の自分達の利益ではなくて将来を見据えて社会保障全体の最適化ができるかどうか・・・医師会や行政には長期的な視野が何より求められていると皆さん思いませんか???

 

 

現在の求人に関して

入職祝い金制度導入しました。是非直接応募ください→こちらをどうぞ!

人事部立ち上げました!!一緒にやってくれる方まだまだ募集しています!→こちらをどうぞ!

法人運営をしてみたい事務の方募集しています→こちらをどうぞ!

クリニックの事務長やってみたい方募集中→こちらをどうぞ!

医師の診療同行をしてくれる診療アシスタント募集しています→こちらをどうぞ!

札幌で在宅医療、在宅緩和ケアなどの訪問看護、地域密着型の外来看護をしたい看護師さん募集しています。診療所、訪問看護ステーション、看護小規模多機能など全事業所で募集中!→こちらをどうぞ!

医療事務さん募集中!→こちらをどうぞ!

MSWさん募集中!→こちらをどうぞ!

当院について

2022年上半期、それ以前の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

現在の目標は2024年に病院を開設すること!一緒に病院つくりませんか?→こちらをどうぞ!

南区の分院、さっぽろみなみホームケアクリニックについて

さっぽろみなみホームケアクリニックでも訪問看護ステーション始めました。南区で訪問看護したい看護師さん募集中→こちらをどうぞ!

当院及びさっぽろみなみホームケアクリニックでは常勤医、非常勤医を募集しています→こちらをどうぞ!