2022年診療報酬改定に向けて健保連からの提案~かかりつけ医制度の再構築を!

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

2022年の診療報酬改定にむけて医師会や看護協会といった医療提供側のみならず保険者側も積極的に意見を表明する時期になってきました。

9月21日に健保連組合から時期診療報酬改定に向けたプレスリリースがありましたがその中でかかりつけ医機能の再構築についての提言がありました。保険者がどう考えてるのかを理解することは重要だと思いますので資料を提示してみたいと思います。

健保連より 次期診療報酬改定に向けた政策提言を発表

政策立案に資するレセプト分析に関する調査研究V(報告書概要)

かかりつけ医の部分のみ抜粋します

 

まぁ外来診療報酬の包括化、かかりつけ医の一元化などの再提案ですが、これは自分も今後はこの方向性に進むのは避けられないと思っています。あとは経済財政諮問会議や中医協での議論がどうなるかですが、自民党の総裁選もかぶってきていますし根本的な変化は今回の改定では難しいのではないかなと予想していますが・・・どうなるでしょうか?

ちなみに同資料にはリフィル処方箋についても言及されておりその部分はこんなスライドになっています。

リフィル処方箋を政策としてすすめていくのであれば、かかりつけ医のきちんとした制度化とリンクして議論が行われる必要があります。

上記資料は保険者側からの視点ですが、今後この提案に対しての反応はどうなるでしょうか??個人的には短期スパン(1~2年)、中期スパン(~5年)、長期スパン(10~20年)、超長期スパン(~50年)での医療政策の予想はしていますが中期的にはこの課題は必ずメイン議題になってくると思っていますよ。皆さんはどう考えますか?

 

2021年11月からクリニックから徒歩五分の場所でホスピス併設住宅開始します→こちらをどうぞ!

2021年上半期~過去の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

さっぽろみなみホームケアクリニックでも訪問看護ステーション始めます。南区で訪問看護したい看護師さん募集中→こちらをどうぞ!