2022年の診療報酬改定に向けての議論が本格化!

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

医療における診療報酬改定は2年に1度行われており、都度国が、厚生省が医療行政を導きたい方向に微調整していくための調整弁としての機能があります。前回の改定は2020年・・・コロナの影響もありますが今年夏から本格的に議論が進み2022年春に改定が予定されています。

ということで来年に向けて今回7月7日に2022年度の診療報酬改定にむけて第482回中医協総会が開催されました。

同会議で公開されている資料で気になったもの、いくつかだけ以下に抜粋してみますね。あくまで今井の立場からの切り抜きですので他人がやったらその人の興味ある所はまた違うでしょう。皆さんも一度全て目を通すことはお勧めします。

 

短期的な目標である2025年、その後中期的には2040年、長期的には2060年と、医療行政の変化のロードマップは一応既に考えられているのがよくわかります。その時々の時世の変化には影響は受けることはありますが、ひとまず医療従事者であるのあならば現状で将来をどう考えておくべきか、この資料を読めばある程度考えることができるのではないでしょうか?

診療報酬改定はただ目先のお金の話として捉えるのではなく、その本質を見据えて考えていきたいですね。皆さんはどう考えますか?

 

2021年11月からクリニックから徒歩五分の場所でホスピス併設住宅開始します→こちらをどうぞ!

2021年上半期~過去の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

さっぽろみなみホームケアクリニックでも訪問看護ステーション始めます。南区で訪問看護したい看護師さん募集中→こちらをどうぞ!