心不全患者さんの在宅療養の質は訪問看護師さんの質がカギ!!

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

今日から長男が中学通学開始です。昼ごはんは当分学食利用できず弁当とのことで今日はこんな感じのお弁当持ってきましたよ。足りるかなぁ??

 

さて最近は重度の心不全患者さんの外来&在宅診療、何件か続けて行っていますが、やはり心不全患者さんの在宅療養が(低めであっても)継続して行えるか否かは訪問看護師さんの質が大きく左右するなと実感しています。

食事の確認と指導、水分状況の確認、介入方法、排便(右心不全の有無)や排尿の状況確認と原因の類推、治療の導入、心不全自体の評価、利尿剤使用についてのTIPS、運動や呼吸リハビリの実施、体調悪化時にどこまで在宅で診て、最後はどうしたいかのACPの確認、最終的には緩和ケアの導入と看取り、などなど・・・・・がん終末期の患者さんと違って心不全の患者さんは入院して治療する、という選択肢もあるため、どこまでどう介入するかが非常に難しい問題です。

正直心不全の患者さんの訪問看護を依頼する時、どのステーションのどの看護師さんでも安心してお任せできるか?と言われると・・・・・現実は違いますね。

 

心不全患者さんの在宅療養の質は訪問看護師さんの質がカギ!そう自分は確信していますが皆さんはどう思いますか?

 

2021年11月からクリニックから徒歩五分の場所でホスピス併設住宅開始します→こちらをどうぞ!

2020年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!