”看護師の日雇い派遣”はまず間違いなく現場の医療の質を落としますね。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

今年の4月から看護師の日雇い派遣が解禁になるようですね。NHKより

看護師の日雇い派遣 4月以降容認へ 厚生労働省

「新型コロナウイルスの影響で介護施設や障害者施設などで働く看護師へのニーズが高まる中、厚生労働省は、法律で原則禁止されている看護師の日雇い派遣について政令を改正し、4月以降認める方向で検討を進めています。

全国の介護施設や障害者施設などでは新型コロナウイルスの影響で利用者の健康管理などにあたる看護師へのニーズが高まっていますが、労働者派遣法では労働契約が30日以内の日雇い派遣を原則禁止していて、慢性的な人手不足の中で看護師をどう確保するかが課題となっています。

一方看護師の側も、資格を持ちながら結婚や出産などを理由に職場を離れた「潜在看護師」を中心に、フルタイムではなく短時間の勤務でより柔軟な働き方を望む声があがっています。

こうした中で厚生労働省は、双方のニーズを踏まえ、4月以降、介護施設や障害者施設などで働く場合に看護師の日雇い派遣を認める方向で検討を進めていて、近く政令を改正することにしています。

厚生労働省は今回の改正にあたって、派遣元と受け入れ先双方の施設に対し、事業や労務を適正に管理するよう求めることにしています。」

経営側としては常勤看護師を抱えるよりは看護師を派遣で雇用できるのであればそちらの方が望ましい、と考える施設もでてくるかも知れませんね。
いずれにせよ日雇い派遣の看護師が現場に入ってくるとどうなるか、というとまず間違いなく質の低下は避けられないと思います。
看護という仕事の性質上、1日単位でケアする人がかわったり看護の方針が変わったりすると、ケアの連続性が途絶えてしまうために患者さんにとってはいいことは一つもありません。現状のシステムではまだ常勤であったり軸になったりするパート看護師さんが継続して勤務してくれているので何とかなっていますが、1日単位の日替わりの看護って・・・
潜在看護師の活用、といいますが、日雇いの看護師さんが現場に入ってくると他の看護師さんのモチベーションが大きく下がる可能性の方が高いのではないかと思いますよ。皆さんはどう思いますか?

2020年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!