診療所での在宅医療、プライマリケアに興味のある医師を募集しています。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

外来診療、入院での医療がコロナの影響を大きく受けているのとは異なり、在宅医療の需要はどんどん増加しています。できる限り当院への依頼があった場合は断らずに診療していきたいと思っていますが、正直終末期や医療依存度の高い患者さんを診療していくためにはもう少し医師の力が必要だと感じています。

できれば今年中、可能なら来年4月からでも構いませんが、当院では現在診療所での在宅医療やプライマリケアに興味のある医師を複数名募集しています。

在宅未経験の先生や開業検討しているけれど研修したいと考えている先生いましたらまずはご連絡ください。お待ちしています。

 

医師募集

診療科目:総合診療(出身科は問いません。婦人科出身や泌尿器科出身のDrもいます)

経験年数:臨床経験3年以上

業務内容:在宅診療(+希望があれば外来診療も)

条件:常勤で週4~5日勤務可能な医師、給与や待機については要相談

勤務開始:2020年9月~21年4月(相談可能です)

その他:総合診療の経験がある先生は優遇いたします。女医さんも多く在籍しており子育て中の医師でも勤務は可能です。オンオフはしっかりしており働きやすい環境を整備しています。

 

法人内には多くのスタッフがいますので多職種の動きや地域での医療提供に必要なエッセンスは全て学ぶことができます。是非一緒に働きませんか?

 

 

2019年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始します→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

在宅医療の現場で働きたい、患者さんに関ってみたいと考えている方募集しています。資格は問いません。→こちらをどうぞ!

 

 

 


在宅療養支援診療所から地域包括ケア診療所へのステップアップ

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

診療報酬上に在宅療養支援診療所というものが規定されています。簡単にいうと在宅医療を提供する際に24時間対応をする代わりに高い診療報酬をもらえる、という設定です。一般的には在支診と言われます。

さらに「機能強化型」と言われる在支診もあって、こちらは複数常勤医、看取りの数や緊急往診の数などの要件を一定数クリアすることでさらに高い点数をとれるようになります。

国は機能強化型の在支診を増やしたいため高点数とし医療機関を誘導しています。これからの地域包括ケアにおいて増加する在宅医療の需要に応えるために必須だと考えているからですね。

ただ個人的には在支診→機能強化型在支診、というような、「診療だけを強化する」というような診療所機能のステップアップだけでは地域に必要とされる在支診とはなりえないのでないか、と思っています。

これからの在支診の目指すべき道筋はずばり、「地域包括ケア診療所」としての活動だと思っています。

⓵診療は複数人の医師で総合診療医としての外来と在宅医療、在宅緩和ケア

②そこに看護師による外来看護、予防看護、緩和ケアを含む訪問看護が加わり、

③MSWの多職種連携業務、社会制度支援、生活支援、地域啓蒙業務

④リハセラピストによる在宅&通所リハ

⑤ケアマネの支援とサービス

⑥通所、可能ならショートステイなどの機能

⑦他には在宅医療者の教育機能

 

などが加わった形で地域で活動していく診療所が地域包括ケアの時代には望ましい在支診の在り方と考えています。

ということで当院はそんな地域包括ケア診療所を目指して活動していきたいと思っています。一緒に活動してみたい医師&看護師は随時募集しています。7月も数人診療所見学の医療者さんいますので興味ある方いましたら是非ご連絡くださいね。

 

2019年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始します→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

在宅医療の現場で働きたい、患者さんに関ってみたいと考えている方募集しています。資格は問いません。→こちらをどうぞ!