コロナウイルス帰国者・接触者相談センターから当院への紹介が多いのですが・・・

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

先日からコロナウイルス帰国者・接触者相談センターに電話された方が当院を紹介されるケースが多く都度対応に時間と手間を割いています。なぜ当院を紹介するの??と理由がわからなかったため同センターに連絡したところ

①土日対応している診療所が少ない

②かつCT検査してくれるところがない

との理由らしいですが、そもそもCT検査するのってコロナ感染症疑いってことですよね?コロナ感染症疑いなら保健所で責任をもってみるべきだし、そうでないなら一般のどこの診療所でもいいはず・・・理論的にもおかしく、完全に保健所における医療行政が破綻しかかっているのがよく理解できます。

当院としてはそのように紹介しないでほしい!!と強く主張することもできますが、現実保健所の現場の職員さんも限界ギリギリまで働いているのは状況的にも察せますので、できる範囲での対応は医療行政への貢献として行っていきます・・・がこれって本来は医師会や行政がきちんと現場が混乱しないように旗を振るべき問題ではないでしょうか?なにしてるの、と思わざるを得ません。GWにかけてどうなるのでしょうか???正直方針や指針も何も具体的に出されているわけではなく、現場がとにかく頑張って、という現場任せのコロナ対応は行政サイドとしては絶対してはいけないと思うのですが・・・誰かリーダーシップを強力にとる人はいないのでしょうかね??

 

当院でできる範囲での対応を、と保健所に言われても、実際そのためのマスクや防護服も支給される訳ではないですし・・・いつまで医材が尽きずに頑張れるかはわかりませんが、地域の患者さんのために医療機関はあるのでそのために努力はしていきたいと思っています。

 

2019年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始します→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

在宅医療の現場で働きたい、患者さんに関ってみたいと考えている方募集しています。資格は問いません。→こちらをどうぞ!