北大の医師もコロナ感染・・・もう誰がいつ感染してもおかしくない状況です

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

ついに北大病院の医師もコロナ感染されたんですね。最前線で感染リスクも踏まえた上で診療継続している高次機能病院の医師には本当に頭が下がります・・・・

札幌市で新たに4人…北大医師と消防職員 東京滞在歴ある会社員も「東京で感染した可能性」

「・・・40代男性は北海道大学の医師で中等症。会話は可能です。

そして50代男性消防職員は軽症で入院先を調整中です。

札幌市内で医師の感染が確認されたのは初めてで、北海道大学によりますと、男性医師は消化器内科を担当していました。4月1日から咳や悪寒などの症状が出て、5日に呼吸困難に。6日に北大病院に入院し、7日陽性が確認されました。男性医師は8日に北海道医療センターへ転院したということです。・・・」

 

当院も高次機能病院程ではないですが、かかりつけ医として急性疾患の患者さんを診療しています。早々に職員感染0を達成するためにどうすべきか、対策をすべきと考えています。(今まで何もしていないわけではないですが、0とするために徹底していくべきということです)

軽症の患者さんに関しては他の人に移さないために自宅待機を徹底してもらうこと、若年者や通勤者に関してはソーシャルディスタンスをきちんと確保すること、コロナ対策のために一人一人がきちんと自覚して行動してもらいたいと思います。それでも症状がつらい人には医療機関としては自分たちへの感染リスクも考えながら診察はしますが、各個人の協力も本当によろしくお願いしますね!!

 

北大や札医、医療センターや渓仁会などで感染症診療に従事している医師、看護師、そのほかのスタッフの皆さん、本当に体に気をつけてお互い頑張りましょう。立場は違えど札幌の医療状況を少しでもよくしていこうという意思は診療所でも病院でも変わりません。お互いの持ち場を死守しましょうね・・・

 

2019年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始します→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

在宅医療の現場で働きたい、患者さんに関ってみたいと考えている方募集しています。資格は問いません。→こちらをどうぞ!