街医者が行うセーフティネットとしての緩和ケア外来

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

当院は在宅での緩和ケアは診療所の使命の一つとして考えておりできるだけ患者さんや家族の方を支えられるように努力しています。2017年に本格的に始めた外来でも緩和ケアを提供できるよう、がん患者さんのための緩和ケア外来を継続して行っています。

緩和ケア外来を受診する患者さんは当院だけでフォローされている患者さんもいますが、多くは治療のための病院を受診しながら、併診して当院を受診されています。定期受診される方もいますし、何かあったらすぐに在宅医療を受けたいから不定期だけれど受診している、という方もいます。受診の仕方は人それぞれですね。

 

先日不定期ながら当院の緩和ケア外来を受診されていた患者さんが入院中に亡くなったと治療先の病院から連絡がありました。患者さん本人はとても前向きで家族にも優しい目をもたれている方でしたのでとても残念で、家族の方と時間を過ごせるようにもっと支援をしてあげたかったなと一人思っていました・・・・

その連絡があった時に併せて患者さんから病院経由で当院に感謝の言葉があったのですが、その内容が

「何かあった時にいつでも今井先生に会いに行ける、相談できる先があるということはとても心強かった。自分の都合でしか受診できず、今井先生に申し訳ないと思いながらも、そのような形でつながっていられたことで安心できました。」

とのことでした。自分の体調がつらい時でもこんな感謝の言葉を頂けたこと、本当にありがたい限りです。

 

診療所で緩和ケア外来を行うということは、地域で緩和ケア難民をださないためのセーフティネットを構築することに必ず役立つと自分は信じています。こつこつと少しずつ、患者さんのために毎日診療していきたいと思っていますよ。

 

緩和ケアって堅苦しい言葉で表現しなくても、「自宅でできる限り楽に過ごしたいな」って思っている患者さんいましたら気軽に外来に来てくださいね。病状により色々お手伝いやサポートを一緒に考えていけると思っています。

 

 

当院の2019年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!