札幌は連日雪がすごすぎますね。

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

夜間の往診もそうですが、最近は朝の診療に診療所まで移動するのも一苦労です。

ごらんのとおり中央区の宮の森でも朝6時過ぎはかなり視界不良です。夜間の往診も似たような状況ですので診療医や訪問看護の皆様におかれましては事故のないようにだけ気をつけていきましょう。

さてそんな大荒れの天気の中ですが、患者さんが待っていてくれるため訪問診療は連日休まずに行っています。

癌の患者さん、認知症の患者さん、経口摂取量が落ちて中心静脈栄養を行っている患者さんなどなど・・・・在宅医になって早8年近くになりますが、飽くことなく毎日在宅医療を行うことができるのは患者さんから感謝の言葉を聞く機会が圧倒的に病院に比べて多いことと、この診療する疾患の多様さ、個別性の高さのおかげでしょうね。

病院の医療であれば「医療=ガイドラインにできるだけ沿った標準医療」となるのでしょうが(実際それが当たり前だと思いますし)、やっぱり在宅医療ではその都度その都度患者さんや家族にとって最適な医療への対応、っていう点では本当に色んなことを考えさせられます。

場合によっては1日2回服用の薬でも1日1回であったり2日に1回であったり、インスリン自己注射も連日ではなく週に2、3回であってよしとする、食事も塩分やバランスなどあまり気にせず取れるもので誰もが用意しやすいものでよしとしてそれで準備する、などなど・・・・今年も在宅医療は医療の知識だけでなくアイデアと工夫がいっぱい必要になりそうですね~

当院はできうる限り患者さんの個別性にあわせた在宅医療、在宅緩和ケアを提供すること頑張ってやっていきたいと思っています。通院困難であったり最後まで自宅で過ごしたいと考えている患者さん家族の方がいましたら気軽にご連絡くださいね。

当院の2018年の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!