訪問看護をうまく利用できる患者さん

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

 

年末も近くなりどんどん新規の患者さんの依頼が来ています。その中に訪問看護は必要ないけれど、診療は是非に入ってほしい!という方も少なからずいらっしゃいます。

確かに看護師に比べれば医師の方がオールマイティのイメージがあり「医師がいれば何とかなるだろう」って思っている方がいても不思議ではないですが、実際在宅医療に携わる医療者としては重要度としては在宅医<<看護師

なのは明らかです。

なので医療依存度が高い患者さんや認知症で生活支援に困っている患者さんがいる場合「在宅医もいいですが訪問看護師さんも導入しませんか?」とお伝えすることが多いです。

 

訪問看護をうまく利用できる患者さんは費用はちょっとかかりますが長期的にみればコスパがよく質の高い生活が過ごせるようになると自分は確信しています。

 

是非これから自宅に帰りたい、もしくは帰る準備を開始しているという患者さん家族の方がいましたら在宅医だけでなく訪問看護の利用も是非検討してくださいね。