不必要な訪問針・灸・マッサージを導入するのはやめるべき!介護事業所×針灸事業所×在宅診療所がタッグを組んでいる札幌の事情・・・

こんにちは、札幌の在宅&在宅緩和ケア医@今井です。

担当直入にいいます。札幌では介護事業者と訪問針灸・マッサージ事業者、在宅医療クリニックがタッグを組んで患者さんの囲い込みや利益供与をしているところがありますが、それってやっぱ絶対やめるべきだと思います。

介護事業者:キックバックもらえる?

訪問針灸事業者:患者さん紹介してもらえる(その代り対価?)

在宅クリニック:患者さん紹介してもらえる(その代り対価?)

?マークつけていますが直接ではないにせよ間接的にでも別会社かませたりしてにせよそんな感じのことしているんでしょう。

ナーシングホームとかって言っているところも会社によっては全く同じことしています。

これって真面目に診療や介護、針灸のケアを提供している事業者からみたら憤慨ものだと思うのですが、皆さん声出さないのでしょうか???

 

ちなみに自分が気になったのはとある札幌の在宅クリニックの医師募集条件

↓こちらです。

○年収2000万以上で当直もなし!(在宅のクリニックであり得ないでしょ?)

○針灸マッサージの同意書を書いて下さる方募集??

 

自分は地域包括ケアの中で他職種や色々な会社と協力してケアをしていくのは絶対必要だとは思いますが、あくまで目的はいい医療や介護を提供するため・・・・当初からお金のためだけに診療や不要な針灸を提供する事業所とは絶対組みたくはないですね。

皆さんの周りはいかがでしょうか?

 

現在医師募集中→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

このエントリーをはてなブックマークに追加