【初診からオンライン診療で!】オンライン医療の推進に向けて規制改革推進会議で議論されている5つの課題

こんにちは、本日もアナログで外来&在宅の現場で診療中の札幌の医師@今井です。

初診からオンライン診療が可能に?

5月8日の政府の規制改革推進会議、医療・介護ワーキング・グループにてオンライン診療の推進について議論がされました。

その資料がこちらです。

 

ということで資料にある今後のオンライン診療の課題にあげられている5点ですが、

(1)オンライン診療を診療報酬に反映させるための基本方針と、オンライン診療に係るデータの収集ルールを策定するべきではないか

(2)オンライン診療の特性に合わせた包括的な診療報酬の仕組みを拡大するべきではないか

(3)オンライン診療を提供する医師の所在について、一定の要件を満たせば医療機関以外でも認めるべきではないか

(4)患者の合意のもとで対面とオンラインを組み合わせた療養計画が作成された場合、初診から6か月以上の毎月対面診療を要件とする必要はないのではないか

(5)一定の条件を満たせば、初診におけるオンライン診療も診療報酬の対象とするべきではないか

 

・・・・・えぇ、初診からオンライン診療!!って議論、今回の診療報酬改定が終了してもう少し時間がたってからでてくるんじゃないかと考えていましたが自分の予想より早く事態が変化しそうです。規制改革会議で取り上げられた内容っておそらく今後どんどん議論が進んでいくはずです。

あなたの診療所は準備できていますか?

と言う訳でオンライ診療への備え、診療所レベルでは徐々に進めていくべきでしょうね。かくいう自分のクリニックはまだどういう風に導入するか考えてはいるのですが・・・・うーん、考えるべき要素が多くて悩んでいるのが実情です。

 

皆さんのまわりの診療所はオンライン診療の本格解禁にむけて準備できているでしょうか?よければ教えてくださいね~

 

現在医師募集中→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

このエントリーをはてなブックマークに追加