外来×在宅 医師の募集をしています

タイヤ交換しないとそろそろあぶないですね・・・・・   こんにちは、すっかり天気も冬一歩手前になってきていますね。さて度々ですが先日より来年度から勤務可能なお医者さん、募集開始しています。当院は訪問診療をメインに活動していますが来年度からは同じ宮の森区内に移転し外来も開始します。

外来×在宅=本来の地域でのあるべき医療

に興味のある方是非一度ご連絡ください。(詳細はhttp://www.imai-hcc.com/recruit もしくは http://www.imai-hcc.com/archives/3849 を参考にしてください)

本質的にこれから10年20年先の医療は、在宅医療がベースで病院においては在宅医との連携で医療を提供することが当たり前のように言われる時代となるはずです。当院であれば訪問診療や在宅での緩和ケア、その他地域包括などが苦渋している困難症例や問題多い患者さんなど本当に色んな経験ができると思います。MSWや看護師、リハスタッフやケアマネなども一緒に働いていますので他職種の実際についてもわかりますし・・・・・・

まずは見学きてみませんか?おまちしています

 

って書いていたんですがこれと関連する医療ニュースを一つ。

第99回社会保障審議会保険医療保険部会の場で、かかりつけ医の普及の観点からの外来時の定額負担についてとの議題で議論がされています。内容は皆さんも直接みてもらった方がいいと思いますが、実際これから4~6年くらいのスパンでどうやってゲートオープナーとしての診療所の医師を機能させるのか、っていうのが本質的な話題なのかなって自分では考えています。

その先にあるのはかかりつけ医はこれからは専門に特化せずに複数の医師でチームを組んで、そして医療や介護の問題まできちんと一人一人の患者さんみてあげてくださいね、って形になるのは目にみえるような気がしますが・・・・・・・皆さんはどう考え、そして来るべき変化に対してどう準備していきますか?

第99回社会保障審議会医療保険部会 http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000141015.html から

資料1-1 かかりつけ医の普及の観点からの外来時の定額負担について http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000141012.pdf より抜粋

a

b

c

d

e

f

g

h

 

って来週は事務員さんを囲んでカルテの管理方法についてカンファしまーす、大きな時代の変化にも、まずは小さな業務改善から対応していかないと・・・・・・