コロナの5類引き下げに伴い政府がすべきこと

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

今年の春にもコロナが2類→5類へとする議論が政府内ででているようですね。

コロナ5類、今春にも引き下げ…マスク着用も緩和検討…社会正常化へ大きな節目

基本的に自分が考えることは2類だろうが5類だろうがそれは人間側の対応の問題であって、コロナ自体の感染力が5類に格下げされても改善するわけではない、ということです。さらに現在はオミクロン株主体ですが、デルタ株に近い致死率、重症化率の変異株が出てきたときにどうなるんだろう?とも当然ですが考えます。

 

今までは何とかぎりぎりのラインで国民の皆さんが感染予防やワクチン接種対策で医療現場の崩壊を避けるために努力をしてくれていたと思うのですが、一度5類相当になってしまうと一人一人の人間の意識が必ず「もう大丈夫なんだな」という意識になってしまいます。(というかそうするために5類にするというのもまた一面としてあるので)

そうなるとどうなるか・・・・簡単に予想されることは、今まで受けられていた医療がまずは受けられなくなる、ということです。

原因不明の発熱患者やコロナ確定患者さんの行き場を探すのも苦労するでしょうし、急増する感染者に病床管理や人的マネジメントがさらに大変→通常医療の制限が常態化するでしょう。

 

国は5類に変更するにあたり、きちんと現状の医療システムでは国民全員に医療を常時提供することは難しいとアナウンスすべきです。医療は本当に重傷者のためのキャパとして利用、温存すべきで、軽症者は受診しないように、と・・・

それをしないのであれば5類引き下げと同等の速度で医療制度を早急に変更、ないし整備をすべきかなと思いますよ。

 

コロナの5類引き下げに伴い政府がすべきこと、それは医療制度の早急な変更への準備と、医療提供のキャパについての説明、またきちんとワクチン接種の推奨や感染予防対策の継続を行う等の旨のメッセージを発することだと思います。皆さんのお考えはいかがでしょうか?

 

サービス付き高齢者住宅<HARELU宮の森>では入居さん募集してます。

当院が運営するサービス付き高齢者住宅<HARELU宮の森>に入居希望の方、ご家族の方→こちらをどうぞ!

現在の求人に関して

入職祝い金制度導入しました。是非直接応募ください→こちらをどうぞ!

Uターン、Iターンの方お待ちしています→こちらをどうぞ!

人事部立ち上げました!!一緒にやってくれる方まだまだ募集しています!→こちらをどうぞ!

法人運営をしてみたい事務の方募集しています→こちらをどうぞ!

クリニックの事務長やってみたい方募集中→こちらをどうぞ!

医師の診療同行をしてくれる診療アシスタント募集しています→こちらをどうぞ!

札幌で在宅医療、在宅緩和ケアなどの訪問看護、地域密着型の外来看護をしたい看護師さん募集しています。診療所、訪問看護ステーション、看護小規模多機能など全事業所で募集中!→こちらをどうぞ!

HARELU宮の森で勤務を希望する看護師さん、介護士さんの募集を開始しました→こちらをどうぞ!

当院について

2022年、それ以前の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

現在の目標は2024年に病院を開設すること!一緒に病院つくりませんか?→こちらをどうぞ!

南区の分院、さっぽろみなみホームケアクリニックについて

さっぽろみなみホームケアクリニックでは常勤医、非常勤医を募集しています→こちらをどうぞ!