資料提供:香港における新型コロナの現状 ―第5波の衝撃と規制緩和への転換―

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

海外の状況を自分なりに把握しておくことは、日本国内の状況を客観的に観察するためにも重要だと思います。例え多少時間差があったとしても。

今回定点観測している国立社会保障・人口問題研究所さんから香港に関しての面白い資料を見つけましたのでご紹介します。以下どうぞ↓

香港における新型コロナの現状―第5波の衝撃と規制緩和への転換―

PDFはこちらです。

気になった部分は二か所

「しかしオミクロン変異株による第5波は,香港のコロナ状況を一変させた。新規感染者数の7日間平均の推移をグラフにして,第1波から第4波ま
でと第5波を含む現在までの変化を比べてみると,第5波の規模がいかに大きかったかが分かる(図1)。とりわけピーク時期の2022年3月12日には,
人口10万人あたりの死亡者数が3.73人と世界最高レベルに達した5)。同時期の台湾・シンガポールと人口100万人あたりで比べると,新規感染者数
でも死亡者数でも,香港の山は突出している(図2)。
最大の要因は,高齢者のワクチン接種率が低かったためである。オミクロン変異株が香港で最初に報告されたのは2021年11月末であったが,同時期の香港のワクチン接種率(1回接種済み)は人口全体でも62.9%とアジアNIEsで最低水準であった。シンガポールは11月5日の時点ですでに93.0%を記録しており,中国大陸(84.8%)や台湾(76.4%)にも遅れをとっていた。同時期のワクチン接種率を年齢別に見ると,最も高いのが働き盛りの40代(85.1%)と50代(79.4%)で,60代になると64.0%にまで下がる。これが70代になると45.7%と半数を割り込み,80代以上にいたっては
わずか18.3%であった。

こうしたワクチン未接種の後期高齢者が,第5波でオミクロン変異株の犠牲の大半を占めることとなった。第5波の累計(2022年10月5日現在)で死亡者全体に占める70歳以上の比率は87.4%に上っている。21年末の人口統計によれば,70歳以上の人口比率は13.4%にすぎないため,偏りの大きさは明白である

もひとつ

「最後に,コロナ対応がもたらした負の遺産について触れておく。政治的にみると,2020年に予定されていた香港立法会(日本の国会に相当)の選
挙を延期する際にコロナ感染防止が理由とされ,集会の人数制限を根拠として抗議デモを取り締まるなど,社会運動を抑圧する強力な手段としてコ
ロナ対策が利用された面がある。また厳しい移動制限は,国際的な投資と貿易のハブでありかつ観光都市としての香港経済を損ねることとなった。
経済界は行動制限の緩和を訴えたが,香港政府の動きは鈍かった。2022年9月下旬からは,隔離期間の短縮化に続き事実上の撤廃が公表され,入境
制限も緩和されつつあるが,コロナの代償が明確になるのはこれからであろう。」

 

他にもいくつか気になる資料、というか関連して読んだ資料あるのでご紹介しますね。(全てPDFです)特に一つ目の資料は是非一読してみてください。長いですが読む価値があります。

COVID-19 パンデミックに日本はどう対応してきたか?―医療提供体制と人々の行動―

 

新型コロナ感染症と介護

新型コロナウイルス感染症パンデミックと公的医療保険財政

 

これだけの資料が無料で公開されているって本当にいい時代ですね!

皆さんも是非定点観測するサイトいくつかつくって自分なりに勉強してみてください。少しだけ先の世界が見えるようになる、かも・・・!(^^)!

 

サービス付き高齢者住宅<HARELU宮の森>では入居さん募集してます。

当院が運営するサービス付き高齢者住宅<HARELU宮の森>に入居希望の方、ご家族の方→こちらをどうぞ!

現在の求人に関して

入職祝い金制度導入しました。是非直接応募ください→こちらをどうぞ!

Uターン、Iターンの方お待ちしています→こちらをどうぞ!

人事部立ち上げました!!一緒にやってくれる方まだまだ募集しています!→こちらをどうぞ!

法人運営をしてみたい事務の方募集しています→こちらをどうぞ!

クリニックの事務長やってみたい方募集中→こちらをどうぞ!

医師の診療同行をしてくれる診療アシスタント募集しています→こちらをどうぞ!

札幌で在宅医療、在宅緩和ケアなどの訪問看護、地域密着型の外来看護をしたい看護師さん募集しています。診療所、訪問看護ステーション、看護小規模多機能など全事業所で募集中!→こちらをどうぞ!

HARELU宮の森で勤務を希望する看護師さん、介護士さんの募集を開始しました→こちらをどうぞ!

当院について

2022年、それ以前の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

現在の目標は2024年に病院を開設すること!一緒に病院つくりませんか?→こちらをどうぞ!

南区の分院、さっぽろみなみホームケアクリニックについて

さっぽろみなみホームケアクリニックでは常勤医、非常勤医を募集しています→こちらをどうぞ!