レカネマブ、アデュカヌマブ・・・・アルツハイマー病への抗認知症薬の今後は?また保険適応はどこまでになるのでしょうか?

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

2023年1月7日のCNNのニュースでエイザイのlecanemab(レカネマブ)がアメリカで第三層試験をクリアしそうだ、とのニュースがでていました。以下どうぞ↓

Alzheimer’s drug lecanemab receives accelerated approval amid safety concerns

副反応としての脳浮腫や出血がどうなるかは今後もう少し経過を見る必要があるそうですが・・・どうやらこのままクリアして承認されそうですね。

記事ではアメリカでの保険収載について患者一人当たり年間26500ドルものコストを本当にメディケアでカバーするの?って書いていますが、今後議論を呼ぶこと間違いないでしょう。

 

翻って日本でも同じような疾患修飾薬関連の記事ないかどうか探し見たらさすが既にいくつか記事ありました。以下関連する記事二つご紹介しますので時間ある方一読を。

↓NHKさんの本日の記事

アルツハイマー新治療薬 米で承認 日本での承認申請も急ぐ考え

もう少し詳しい内容のm3の記事で昨年11月のものです↓アデュカヌマブに関しての記事です。

登場間近、認知症新薬に6学会提言

 

 

いずれにせよこれからは抗認知症も新時代に突入することは間違いないですね。自分が懸念しているのがこれらの薬、一歩間違えば日本の社会保障費を食いつぶす薬となりかねないこと、です。拡大適応されないように、本当に必要な方のみに処方されるような形で日本で導入されればなと考えていますよ。現状の抗認知症の使用状況をみていると、同じような形での使用を認めてしまうと歯止めが効かなくなる・・・・皆さんもそう思いませんか?

薬以外でも認知症の方の生活を支援する方法はたくさんあるので、認知症専門医の先生にはそちらの重要性も忘れないでほしいなと切に希望します。

今後も注視していきたい問題だと思っていますので何か情報あればまた提供したいと思います~

 

サービス付き高齢者住宅<HARELU宮の森>では入居さん募集してます。

当院が運営するサービス付き高齢者住宅<HARELU宮の森>に入居希望の方、ご家族の方→こちらをどうぞ!

現在の求人に関して

入職祝い金制度導入しました。是非直接応募ください→こちらをどうぞ!

人事部立ち上げました!!一緒にやってくれる方まだまだ募集しています!→こちらをどうぞ!

法人運営をしてみたい事務の方募集しています→こちらをどうぞ!

クリニックの事務長やってみたい方募集中→こちらをどうぞ!

医師の診療同行をしてくれる診療アシスタント募集しています→こちらをどうぞ!

札幌で在宅医療、在宅緩和ケアなどの訪問看護、地域密着型の外来看護をしたい看護師さん募集しています。診療所、訪問看護ステーション、看護小規模多機能など全事業所で募集中!→こちらをどうぞ!

HARELU宮の森で勤務を希望する看護師さん、介護士さんの募集を開始しました→こちらをどうぞ!

当院について

2022年、それ以前の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

現在の目標は2024年に病院を開設すること!一緒に病院つくりませんか?→こちらをどうぞ!

南区の分院、さっぽろみなみホームケアクリニックについて

さっぽろみなみホームケアクリニックでは常勤医、非常勤医を募集しています→こちらをどうぞ!