患者さんとの会話のコミュニケーションで意識していること

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

先日のブログで言葉の選択大事だよ~って書いたんですが、その中で声量についても大事ですよね、ともちょっと言及しました。すると昨日当院の職員さんから「言葉の選択以外に大事なことってなんですか?」と聞かれましたのでその時の自分の回答をここに記載していこうと思います。

 

患者さんとコミュニケーションとるときは言葉の選択は大事だけれども、他に意識すべきことはいくつかあるよ。

自分が気にしているのは

①音程:高い声は説得力があまりないし不安にさせるかもしれないから、患者さんが不快でない限り低い方が落ちついた印象を与えると思うよ。ただ高い声も患者さんに元気を出してもらいたいときとか自分をアクティブに見せたいときは役にたつよ~

②イントネーション:強調したいところはイントネーションを変化させて、それだけで声の大きさや音程変えなくても印象づけることは可能

③ペースや間:ペースが早すぎると理解してくれないので適切な早さを選択すること。また大事なことを話す前には2~3秒の間をあけることは注目してもらえるので結構使えるテクニック

④声の大きさ:どうしても周囲の目を自分に集中させたいときは大きな声ではなく逆に小さな声で話すことも。

⑤聞く姿勢をもつこと:コミュニケーションは双方向性。相手の話を聞く態度をきちんと持つ、持っていることを相手に示すことは大事。

⑥話をまとめてあげること:こちらが話したとこと相手が話したことをまとめて要約してあげること。これは相互理解に役立つし相手の信頼も得られる。

 

とかでしょうか?おそらく皆さんも意識しているかしていないかわからないですが、いくつかは取り入れてやっていると思います。大事なことは自分で上記を意識して行うことかなと思いますよ。そうすればどの手段をつかうのがこの患者さんや家族にはいいのか、経験重ねてくれば自ずと理解できるようになるかと思います。

皆さんが使っているテクニック、他に何かありますか?よければ教えてくださいね!(^^)!

 

サービス付き高齢者住宅<HARELU宮の森>では入居さん募集してます。

当院が運営するサービス付き高齢者住宅<HARELU宮の森>に入居希望の方、ご家族の方→こちらをどうぞ!

現在の求人に関して

入職祝い金制度導入しました。是非直接応募ください→こちらをどうぞ!

人事部立ち上げました!!一緒にやってくれる方まだまだ募集しています!→こちらをどうぞ!

法人運営をしてみたい事務の方募集しています→こちらをどうぞ!

クリニックの事務長やってみたい方募集中→こちらをどうぞ!

医師の診療同行をしてくれる診療アシスタント募集しています→こちらをどうぞ!

札幌で在宅医療、在宅緩和ケアなどの訪問看護、地域密着型の外来看護をしたい看護師さん募集しています。診療所、訪問看護ステーション、看護小規模多機能など全事業所で募集中!→こちらをどうぞ!

当院について

2022年上半期、それ以前の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

現在の目標は2024年に病院を開設すること!一緒に病院つくりませんか?→こちらをどうぞ!

南区の分院、さっぽろみなみホームケアクリニックについて

さっぽろみなみホームケアクリニックでも訪問看護ステーション始めました。南区で訪問看護したい看護師さん募集中→こちらをどうぞ!

当院及びさっぽろみなみホームケアクリニックでは常勤医、非常勤医を募集しています→こちらをどうぞ!