在宅サービスは入れることは簡単だけれども減らすことは難しい・・・

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

在宅医療の現場では診療医がまずは診察にはいってから他職種を入れていく、ということがしばしばあります。その際に大事なことは必要なサービスをきちんとアセスメントしていれるように調整していく、ということはもちろんですが、ある程度の年数を重ねてくると「必要性の低いサービスは極力入れない」という視点も重要だな、ということに気が付きます。

 

多くの職種や必要性の低いサービスを入れてしまうと、逆に今度は減らす時の調整や利害関係の考慮など、そのための努力が結構なものとなってしまいます。また療養方針の統一なども人が増えれば増えるほどそのための労力がどんどん必要となっていってしまいますよね。

 

開業当初は、まずはできるだけ支援の手を増やすべくサービスを多くいれる、そしてその後必要性の低いサービスはへらせばいいんじゃないか、そう考えて在宅療養を支援してきましたが、最近は患者さんや家族の支援のために最低限のサービスは何が必要か、、そこから考え、そのために最小のサービスは何かを自分自身でアセスメントする、そして支援を開始する、そんな思考回路に変化してきました。

 

皆さんはどう考えて、どう行動されているでしょうか?同じように感じることたまにありませんか?

 

現在の目標は2024年に病院を開設すること!一緒に病院つくりませんか?→こちらをどうぞ!

成長する医療法人で人事部立ち上げに協力してくれませんか?→こちらをどうぞ!

法人運営をしてみたい事務の方募集しています→こちらをどうぞ!

札幌で在宅医療、在宅緩和ケアなどの訪問看護、地域密着型の外来看護をしたい看護師さん募集しています。診療所、訪問看護ステーション、看護小規模多機能など全事業所で募集中!→こちらをどうぞ!

さっぽろみなみホームケアクリニックでも訪問看護ステーション始めました。南区で訪問看護したい看護師さん募集中→こちらをどうぞ!

当院及びさっぽろみなみホームケアクリニックでは常勤医、非常勤医を募集しています→こちらをどうぞ!

2021年11月からクリニックから徒歩五分の場所でホスピス併設住宅開始しました!!入居希望の方は→こちらのHPこちらをどうぞ!

2021年以前の過去の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!