かかりつけ医の制度化を議論するためには「医療機関の診療実績の公開」は避けては通れない!!

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

かかりつけ医の制度化の議論、個人的には2018年頃からいつ頃議論が本格化するのか注視していましたが、コロナの影響、地域医療構想の推進遅延、医師の働き方改革などが相まって2022年の現在にかなり注目されるようになってきています。

日本医師会としてはかかりつけ医の制度化はもちろん反対で、患者さん自身の利益にならないから、と言ってはいますが、個人的にはかかりつけ医の制度化にはある問題がついて回るから反対している、とも思っています。

 

それは「医療機関の医療提供状況と診療実績の公開」という問題です。

 

皆さんがかかりつけ医を1か所、もしくはサブも含めて2か所選択しなければならない、となったときにはどのような医療機関を選択するでしょうか?口コミのいいクリニック?近所のクリニック?長年かかっているクリニック?どのような選択をするにしても選ぶ際には「その医療機関がどのような役割を担って実際どの程度の医療を行っているのか」という情報が何より重要になると思います。

そうなると求められるのは医療機関の診療実績の公開・・・国や行政が一定のフォーマットを決めてそのような診療実績の公開をすると、医療機関のなかで優劣が生まれます。そのような実績がかりにスコア化されると低いスコアの医療機関には誰も行かなくなりますよね?医師会はそれを何より危惧しています。

 

 

PHRという言葉もある通り今後はかかりつけ医とともに患者さん自身も自分のデータを把握して健康管理をしてくことが求めらえる社会になります。かかりつけ医の制度化と診療実績の公開は自分は避けられないものとして考え、できる限りそれに準じた形で今から運用をしていきたいと思っていますよ。

 

皆さんはかかりつけ医を選択するとき、何を基準にかかりつけ医を決めますか?また今後かかりつけ医の制度化の議論はどうなると思いますか?自分の考えは間違っているかもしれませんが、将来を考える一つの意見として頭の片隅に覚えておいてくださいね~

 

現在の目標は2024年に病院を開設すること!一緒に病院つくりませんか?→こちらをどうぞ!

成長する医療法人で人事部立ち上げに協力してくれませんか?→こちらをどうぞ!

法人運営をしてみたい事務の方募集しています→こちらをどうぞ!

札幌で在宅医療、在宅緩和ケアなどの訪問看護、地域密着型の外来看護をしたい看護師さん募集しています。診療所、訪問看護ステーション、看護小規模多機能など全事業所で募集中!→こちらをどうぞ!

さっぽろみなみホームケアクリニックでも訪問看護ステーション始めました。南区で訪問看護したい看護師さん募集中→こちらをどうぞ!

当院及びさっぽろみなみホームケアクリニックでは常勤医、非常勤医を募集しています→こちらをどうぞ!

2021年11月からクリニックから徒歩五分の場所でホスピス併設住宅開始しました!!入居希望の方は→こちらのHPこちらをどうぞ!

2021年以前の過去の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!