健保連が考える、医療保険制度維持のために必要なこと~提言『安全・安心な医療と国民皆保険制度の維持に向けて』~

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

先月の診療報酬改定に向けての提言に続き、健保連から医療保険制度の維持のために必要なことをまとめた提言が10月19日に公開されました。診療報酬改定は実際の医療を提供する医療側と、財政面での最適化を考える健保側との議論や駆け引きがあってある程度は決定されますので、健保連の考えを理解しておくことは今後の医療政策の行く末を考える上でも結構重要です。

興味ある方は是非ご確認ください。概要のみ下に提示します。

健保連より

提言『安全・安心な医療と国民皆保険制度の維持に向けて』

 

個人的にはこれまで提案してきたことの総まとめ、っていう印象を感じました。キーワードは「かかりつけ医制度の構築」「保険給付範囲の見直し」「後期高齢者原則2割負担」「PHRなどのデータ活用」などでしょうかね。

皆さんはこの提言が今度どのような影響をもち、どんな社会変化をもたらすと考えますか?自分なりに予想して、準備してみてくださいね。

 

2021年11月からクリニックから徒歩五分の場所でホスピス併設住宅開始します→こちらをどうぞ!

2021年上半期~過去の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

さっぽろみなみホームケアクリニックでも訪問看護ステーション始めます。南区で訪問看護したい看護師さん募集中→こちらをどうぞ!