30代後半以降の医師のキャリア、どう考えますか?【大学で出世?機関病院で部長?それとも開業?】

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

先日市内の病院に勤務されている30代後半の先生が、病院でのキャリアに不安も感じ開業も検討しているとのことで、とある先生から当院に紹介されて来院されました。

自分としては先生の専門医としてのキャリアは素晴らしいキャリアだったので、このまま病院に残った場合どうなるのか、それとも開業した場合どうなるのか、どう考えますか?というところから話を開始しましたよ。

仮に開業した場合もスペシャリストとしての開業医を目指すのか、それとも自分のように在宅から外来までなんでも診るような開業医を目指すのか、どちらを目指したいのか?とも質問しました。

 

個人的な考えとしてお伝えした点は

⓵大学や病院に残るとしても、自分の道を自分で選択できる機会は少ない(外的要因に常に影響を受ける)のではないですか?自分は自分の道を自分で決めたかったので開業という道を選びました。確かにある意味大変ですが後悔は全くしていませんよ。

②開業するならばどちらかというとかかりつけ医として開業したほうがメリットが高いと思います。スペシャリストとしての開業はよほど集患に自信があったりコネがない限り今後10年20年スパンでみた場合長続きは難しいと思います。

③ジェネラリストとして開業するのであれば在宅は必須かなと思います。というか在宅知らないとジェネラリストとしては診療できません。

 

などでしょうか。あとはその先生の現在の立場を加味した上で、諸々先生の聞きたいであろうことなども数字の面も含めできる限りお伝えしました。

その先生が今後どう行動するのか・・・・先生が自分自身で選択して決めていってくださいね、それが一番大事だと思います、と最後に話をして面談終了となりました。(他の開業医の先生の話も聞きに行ってくださいねと何人か紹介しました。)

30代後半から40代にかけて、今後の自分の医師のキャリアをどうしていくのかはかなり難しい問題ですね。医局で出世をひたすら目指すのか、関連病院や市中病院での部長職を目指すのか、それともある程度ライフワークバランスを考えながら開業するのか、それとも分院長や勤務医のままでいくのか・・・・それぞれが自分のしたい道を選択していければいいですね。

 

開業について相談や知りたいことがある場合は当院は気軽に相談に乗っています。札幌市内で開業や在宅医療に興味のある先生はご連絡頂ければと思いますよ。

 

 

2020年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!