全世代型社会保障改革の方針~機能分化とかかりつけ医機能の推進の方向性~

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

厚生労働省において第29回社会保障審議会が1月29日に開催されました。その中で今後の社会保障について、全世代型社会保障改革の方針、ということで社会保障改革の方向性が示されています。

医療行政に関しては公的資料を読み込むことで方向性を理解することができますが、今回は社会保障制度の大枠に関しての資料ですので読んでおいて損はないかと思います。短めにまとまっている資料のみ下に提示してみますので一読してください。興味ある方はHPから全ての資料を読んでもいいかもしれません。

参考資料1-3 全世代型社会保障改革の方針[PDF形式:264KB]別ウィンドウで開く

 

医療については資料2の方からもスライド2枚程だしてみます。こちらの方が理解しやすいかも知れません。

医療⓵の医療提供体制の改革にもかかわってきますが、医療②かかりつけ医機能の強化の部分、なぜ定額自己分の増額によってかかりつけ医機能の強化に動くのか、全くもって理解不能です。

きちんと医療制度としてかかりつけ医制度の普及を目指すなら、ある程度の医療へのフリーアクセスの制限という課題に真っ向から取り組まないといけないことは明白だと個人的には感じています。

この部分を直視することなく医療制度改革、と言っても、余計制度が複雑になり無駄、無理が生じるだけだと思うのは自分だけでしょうか?

 

・・・まぁそれでもとにかく社会保障改革の方針は示されました。よくよく読み込んで対策を考えていきたいと思いますよ。

 

2020年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!