日本医師会「かかりつけ医の研修会」、画像見るだけなのに会場出席が必須なのってどうなんですか?

こんにちは、札幌のかかりつけ医@今井です。

 

日本医師会が主催しているかかりつけ医講習会ですが年に何回か開催されています。今年の北海道ではこれから10月11日に開催されるとのことで下記用紙を頂きました。

かかりつけ医の講習会というけれど、実際は

会場でTVモニターで画像を見るだけ、会場に集まる意味は全くありません!

 

これが実習を伴うものであったり集まる意義のある会であるならば会場に行くのも理解できますが、TVモニターで画像みるためだけに会場に来い!というのは・・・・本当に医師会はダメだと思います。内部で誰も疑問に思わないのでしょうか?

これだけ社会にむけて密になることを避けるように、不要不急の集まりをさけるように医療界として言っておきながら、自分達はダブルスタンダードで講習会でビデオみせるためだけに会場に集まれとは・・・医療者としてそのマインドが恥ずかしいです。

医師会はウィズコロナ、アフターコロナの世界に対応できるのかどうか、外向けの言葉と内向けの対応と言行一致させるべきだと思います。皆さんもそう思いませんか?

 

2020年上半期の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!