訪問看護師もこれからは患者宅でのリスク管理に気をつけなければいけない時代なのでしょうか?

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

 

在宅医療者として少し気になるニュースを見つけました。以下どうぞ↓

訪問看護師に“睡眠薬”飲ませわいせつ行為か 79歳男逮捕 神戸

「訪問看護のために自宅を訪れた看護師の女性に睡眠薬のようなものを混ぜたスープを飲ませ、わいせつな行為をしたとして、神戸市の79歳の男が準強制わいせつの疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは神戸市東灘区の森岡佑次容疑者(79)です。

警察によりますと、17日、訪問看護のために自宅を訪れた30代の看護師の女性に睡眠薬のようなものを混ぜたスープを飲ませ、胸などを触ったとして準強制わいせつの疑いが持たれています。

女性はこれまで週2回ほど、栄養点滴などのために1人暮らしの森岡容疑者の自宅を訪れていましたが、17日は出されたスープを飲んだあとに意識がもうろうとして寝込むなどしたため不審に思い、勤務先の上司に相談して警察に届け出たということです。

警察によりますと、森岡容疑者は調べに対し容疑を認め「持っていた薬を粉末状にしてスープに入れて女性に飲むよう勧めた」などと供述しているということです。」

 

 

在宅医療者であれば何かしら患者さん宅で飲み物や食べ物の提供を受けたことがあるのが普通だと思います。自分は出されたら患者さん家族の気持ちですし、人と人として患者さんに向き合いたいので基本的にはお断りせずに有り難く飲食させてもらっていますが、訪問看護師さんが一人で行く場合は確かにこのようなケースもあり得ますよね・・・うーん、本当に残念ですが訪問看護師もこれからは患者宅でのリスク管理に気をつけなければいけない時代なのでしょうか?

事業所によっては絶対患者さん宅での飲食は禁止!としている所もあるのは知っていますが、自分はそういう触れ合いも大事にしたいですし・・・・まあ自分は何か盛られたとしてもこのガタイですから特に問題ないでしょうが看護師さんはそうはいかないですよね。皆さんはこの問題どう考えますか?

 

当院の2019年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

在宅医療の現場で働きたい、患者さんに関ってみたいと考えている方募集しています。資格は問いません。→こちらをどうぞ!