震災の影響で手紙がファクスできず・・・・・病院の先生に御迷惑をかけました。

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

連日地震後の転倒や認知症の周辺症状の悪化、肺炎の悪化などで往診対応をしていましたが、病院の先生に失礼なことをしてしまいました!!

先週の週末に嘔吐で体調変化した患者さん、胆汁様の嘔吐があったため在宅でみるより一度病院で検査してもらった方がいいと考え○○病院に診療を依頼する電話をかけ、これまでの病状も報告した上で診療依頼をお願いしました。

あわせて

「電話の後に手紙ファックスでおくりますので確認お願いします」

とお伝えし電話を終了後診療情報と直近の採血結果をファックスしたのですが・・・・・えぇ、電波の影響かファックスが送られておらず病院の先生方が困ったと翌日にご連絡がありました。

一応電話で病状はお伝えしていたとはいえ、きちんと手紙送りますと伝えたのに送れていなかったのはこちらの落ち度・・・・・すぐに病院に連絡し診察してもらった先生に申し訳なかったですとお伝えしてもらうようにお願いしました。

診療所から依頼する場合ほぼほぼ全ての患者さんは手紙やデータをつけて依頼するのは当然なんですが、今回のようにファックスが送れていなかったとか届いていなかったってこと、土日や夜間の急患対応時こそたまに起こり得ます。

対策としては届いたかどうか電話する癖をつければいいのですが・・・・うーん、今回そこまでしていませんでした。病院の先生に迷惑かけて本当に申し訳なかったです・・・

こういうことが繰り返しおこると病院の先生のストレスも溜まり診療所自体が信用されなくなっていくのでしょうね、本当に気をつけなければいけないなと改めて感じました。

 

 

という訳で他山の石として皆さん他職種と連携する場合は是非是非粗相のないように気をつけてくださいね・・・・・

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

「在宅療養支援診療所の開業、経営、運営の教科書」書いてます→こちらをどうぞ!