一時的に入院していた患者さんが続々と退院してきています。

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

今回の地震、発生当初にすぐに呼吸器をつけた患者さんやHOTの患者さんの一部は入院対応をお願いしていましたが、停電が解除されるとともに続々と自宅に患者さんが帰ってきています。

関連:平成30年北海道胆振東部地震の当院の初期対応を振り返って~当院の地震当日の記録

札幌市内ではガソリンもようやく通常通りに補給できるようになってきていますし、診療はほぼいつもと同じ様に本日は可能でした。

地震への急性期の対応はひとまず終了しましたが、これからは生活への影響による疾病の悪化や地震によるPTSDへの対策、認知症患者さんであれば崩れた生活リズムや周辺症状悪化への対応などが求められてきつつあります。

 

いつも通りの日常がいかに素晴らしかったのか、改めて幸せだったことを噛みしめていますが皆さんはどう感じていますか?

早く患者さんも医療者も通常通りの生活ができるようになればいいですね!!

 

 

 

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

「在宅療養支援診療所の開業、経営、運営の教科書」書いてます→こちらをどうぞ!